酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

iPhone

Windows Bridge for iOSで表示できるUIコントロールを調べてみた

Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 iOSではUISwitchやUIButtonなど標準のUIコントロールが用意されています。これらのUIコントロールはそのまま…

Windows Bridge for iOSではUISplitViewControllerを使うと画面が表示されなくなるようです

Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 先日、storyboardで定義したUITableViewControllerのプロジェクトを変換して、Windows側で実行するとなぜか…

App Extension(Widget)を含んだiOSアプリをCocoaPods 1.0にバージョンアップさせる

記事自体は2ヶ月前に書いていたのですがちょうどiTunes Connectがトラブっていた時期だったので公開できずじまいでした。そのため一部記載しているバージョンが古い部分があります。 大半のプロジェクトでCocoaPods 1.0.0へ移行し終えてノウハウも溜まってき…

iTunes ConnectにバイナリをアップロードするとITMS-90080のエラーが返ってくるようになった

CocoaPodsをバージョン1.0.0に上げたのが原因でしょうか、App extensionを含むバイナリなのが問題なのでしょうか。 今日の夕方あたりからiTunes Connectにバイナリをアップロードするとワーニングが返ってくるようになりました。 お昼頃にはバイナリをアップ…

XcodeのiOS Simulatorを単独で起動させる

開発環境やCocoaPodsの関係でiOS 7のサポートが切れると嬉しいなと考えています。 XcodeのiOSシミュレータは、単独で起動させることができます。 $ cd /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Applications $ open ./iOS\ Simulator.app または $ open …

CocoaPodsをv1.0.0にアップデートしたら「TypeError - Unable to convert Ruby value "FBSDKCoreKit" into a CFTypeRef.」がでてpod installが失敗するようになった

pod installできない系の問題に結構ぶつかってる気がする。今回は「TypeError - Unable to convert Ruby value `"FBSDKCoreKit"' into a CFTypeRef.」とエラーが出てJenkinsのビルドジョブが途中でabortしてしまう現象についてです。 CocoaPodsはここ数ヶ月…

CocoaPodsをv1.0.0にアップデートしたら「ArgumentError - invalid byte sequence in US-ASCII」でpod installが失敗するようになった

pod installできない系の問題に結構ぶつかってる気がする。今回は「ArgumentError - invalid byte sequence in US-ASCII」とエラーが出てJenkinsのビルドジョブが途中でabortしてしまう現象についてです。 結果から書くと、ビルドスクリプトに export LC_ALL…

iOSでTwitterKitを使ってのログインで失敗する

久しぶりにTwitter APIを弄る機会がありました。 最近はTwitter APIを叩くといえばCoreTweet(C#)一択なのですが、今回はiPhoneアプリだったのでCoreTweetは使えず。公式のTwitterKitを使ってログインさせてみました。 TwitterKitを導入する CocoaPodsを使っ…

CocoaPods経由でRealm 0.98.3をインストールすると'impl/async_query.hpp'が見つからないとエラーが出てしまう

今までとは別のプロジェクトにアサインされたので、いつものように開発環境を整えようとpod installをしてRealmをインストールしようとしたところ、謎のエラーが出てビルドができなくなりました。 謎のエラーとは'impl/async_query.hpp' file not find.とい…

Ruby 2.3.0にしてCocoaPods 0.39.0を使ったらpod installでエラーが出た

数ヶ月前に開発で使っているMacBook ProをOS X El Capitan(10.11.3)にしたんですが、当初使えていたXcode 6.4がなにかのキッカケで壊れてしまいました。Xcodeを起動した時にツールバー(?)にスキームや実行するiOSシミュレータを選択する部分が表示されないん…

Jenkinsを使ってToday Extension(Widget)を含むiOSアプリをビルドする

過去にxcodebuildを使ってビルドを自動化する方法を紹介しました。 本記事ではToday Extension(Widget)を含むiOSアプリをJenkinsでビルドする方法を紹介します。アプリ側とToday Extension側とで使用するプロビジョニングプロファイルが異なります。 ビルド…

SwiftでUITextFieldの文字入力を検出する

iOSでは文字入力用のコンポーネントとしてUITextFieldを利用します。文字入力中……1文字入力ごとにバリデーションしたい時があります。たとえば、 ログイン画面でユーザーIDとパスワード欄が両方入力された場合にログインボタンを有効にする ユーザー登録中に…

【2015/8/31まで】Windows Phoneアプリ開発者は無料でXamarinのライセンスがもらえるよ!

C#でiOSやAndroidのアプリを開発できる「Xamarin」のライセンスを無料で入手できるキャンペーンをやっているようです。 Xamarinの代理店エクセルソフトの田淵さんのブログによると…… 2015/8/17 以前に公開された Windows Phone アプリ個人開発者に無料の Xam…

Objective-Cで書かれたXcodeプロジェクトをWindows 10で動かす「WinObjC」のプレビュー版がでました

Objective-CやJavaで書かれたiOSアプリやAndroidアプリをWindows 10で動かすためのWindows Bridgeプロジェクトがあります。ワシントン州の地名をとったコードネームでそれぞれ「Project Islandwood」「Project Astoria」と呼ばれていました。 https://dev.wi…

JenkinsでCocoaPodsを含んだiOSアプリプロジェクトのビルドで署名に失敗してしまう

(開発的な意味で)チームで働くことはほぼなくて1人でiOSアプリを開発していると、1件1件最新ビルドが欲しいという要望に応えるのが難しかったです。……というか、僕は限界だったのでJenkinsを導入してJenkinsおじさんを酷使していました。 それ以降、Xcodeプ…

Swiftを使って文字列操作する

文字列操作する方法を手癖で書けるほどSwiftに馴染んでいないので、いつでも見返せるようにメモしておきます。 文字列同士の結合 let str = "daru" + "yanagi" println(str) var str = "daru" str += "yana" str += "gi" println(str) 区切り文字を使って文…

Swiftで数字をUnicodeScalarクラスを使って①や⑩の丸囲み文字に変換する

①や⑩というのを丸囲み文字と呼ぶようです。数値から丸囲み文字に変換する必要があったので調べてみました。 ⓪, ①,②,③,④,⑤,⑥,⑦,⑧,⑨,⑩, ⑪,⑫,⑬,⑭,⑮,⑯,⑰,⑱,⑲,⑳, ㉑,㉒,㉓,㉔,㉕,㉖,㉗,㉘,㉙,㉚, ㉛,㉜,㉝,㉞,㉟,㊱,㊲,㊳,㊴,㊵, ㊶,㊷,㊸,㊹,㊺,㊻,㊼,㊽,㊾,㊿, …

Swiftでreduceメソッドを使って配列の中から文字列長の長いオブジェクトを取得する

Swiftで配列の中から文字列長の長いオブジェクトを取得する方法を紹介します。 ここではString型の配列や特定のクラスのString型プロパティの配列から最も長い文字列を持つオブジェクトを取得します。判定の仕方を変更すれば文字列以外での判定をおこなうこ…

Swiftでリフレクションを使ってインスタンスからプロパティの一覧を取得する

Swiftでインスタンスからプロパティの一覧を取得してみましょう。以下のようなPersonクラスがあるとします。 @objc(Person) class Person : NSObject { let age: Int let name: String required init(age: Int, name: String) { self.age = age self.name = …

Swiftで文字列のクラス名からインスタンスを動的に生成させる

文字列からインスタンスを生成する方法として、Objective-Cでは「文字列のクラス名からインスタンスを動的に生成させる - iOSアプリ開発の逆引き辞典」で紹介しているようなコードを書くことで文字列のクラス名称からインスタンスを動的に生成させることがで…

otoolを使ってiOSアプリで使っているframeworkを解析する

ipaファイルの自動生成をするようになると、ipaファイルそのものの解析を依頼されることがあります。僕はバイナリアンではないのでipaファイルを投げられてもよくわかりません。 ipaファイルの正体は、zipファイルの拡張子を変えただけであるものというのは…

Xcode 6.3が公開されました

なんでApple Watch発売直前になってiOS 8.3とXcode 6.3を提供を開始したの……という気もするのですが、今朝方iOS 8.3が公開されました。同時に、Swift 1.2が使えるようになるというXcode 6.3も公開されました。 リリースノートは以下のリンクからみることがで…

とあるiOSアプリでApp Groupsの処理を追加したらビルドエラーが発生した話

Today Extension対応やAppleWatch対応のためか、iOS 8以降ではApp Groupsと呼ばれる仕組みが追加されました。今回、弊社で開発中の「hoge.app (仮名)」でも採用することになりました。 「Xcodeでのビルドを自動化するxcodebuildコマンドとIPAファイルを作成…

Mac OS XでXamarin.iOSのクラスライブラリをNUnitを使ってコマンドラインでテストする

勘違いしていたので、以下取り消します。 Mac OS XでXamarin Studioを使ってXamarin.iOSでiOSアプリを開発していると、Jenkins等のCIツールを使ってビルドの自動化をする際にコマンドライン(ターミナル)からユニットテストを動かしたい要望が出てきます……よ…

Azure Mobile Services(モバイルサービス)の通知ハブに登録されているiOSデバイスに向けてAPNsを使ってプッシュ通知する

スマートフォンを使っていると当たり前の機能のうちに「プッシュ通知」があります。 たとえば、iPhoneやiPadでGmailアプリなどのメールアプリを使っていると、メールを受け取るとユーザーに向けて「メールを受信しました」とプッシュ通知されます。 プッシュ…

電気通信大学の休講情報アプリについて

これは「UEC Advent Calendar 2014」の20日目の記事です。UECについては別の方が書かれていると思うのですが、UECとは東京都調布市にある電気通信大学のことです。 先に書いておくと、僕はUECの現役学生でもOBでもありません。iPhoneで使える「休講情報 for …

Xamarin.iOSでMD5やSHA1のハッシュ値を計算する

MD5(Message Digest Algorithm 5)は、入力に対して128ビットのハッシュ値を出力するハッシュ関数のことで、不可逆的な一方関数を用いているところから認証などで広く使われています。他にもダウンロードしたファイルが第三者によって作者(配布者)が意図しな…

Xamarin.iOSを使ってiOSデバイスの機種名を取得するライブラリを作りました

過去に「Xamarin.iOSでiOSデバイスの機種名(モデル名)を取得する - 酢ろぐ!」でiOSデバイスの機種(モデル)名を取得する方法を紹介しました。この方法は機種名を取得するものと言うよりかはiPhone7,1といったデバイスモデルの識別子を取得する方法でした。 …

Xamarin.iOSでHtml Agility Packを使ってHTMLをスクレイピングする

この記事は「Xamarin Advent Calendar 2014 - Qiita」の10日目です。 Xamarin Advent Calendarは、Xamarinを使ったアプリ開発のTipsが1日1つずつ紹介されています。この記事はXamarin.iOSについて書いていますが、他の方はXamarin.AndroidやXamarin.Formsな…

Xamarin.iOSで新しいプロジェクトを作成する(Unified API)

過去にXamarin.iOSとXamarin.Macは別々のコードでメンテナンスされていて、さらに64bit対応されていませんでした。それを受けて、2014年9月に品質管理と64bit対応のため統合された「Unified API」が登場しました。過去のものは「Classic API」という位置付け…