酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

機種変更したらiOS版Googleマップアプリのタイムラインに最新情報が反映されなくなってしまった

Googleマップアプリには「タイムライン」という便利機能があって、iPhoneを持って移動すると地図上に移動経路が表示されます。旅行に行った際の移動ログとして非常に役立っていました。

f:id:ch3cooh393:20180119233816j:plain
2017年8月の「ピカチュウ大量発生チュウ」の時のタイムライン

機種変更でGoogleマップアプリのタイムラインに最新情報が反映されなくなってしまった

2週間ほど前にGoogleマップのタイムラインに自分の移動経路が反映されていないのに気がつきました。年末年始と大阪に帰っていて、どんなところに寄ったのかを調べようとしていたので、ものすごくガッカリした記憶があります。その後、取り急ぎ必要なものでもないので放置していました。

そろそろなんとかしないといけないと考えて、GPSやバックグラウンド実行まわりを調べてみましたが、特に問題は見当たらず解決できないままとなっていました。

どうもタイムラインを遡っていくと、iPhone Xに機種変更した11月下旬からGoogleマップアプリのタイムラインが更新されなくなっているようでした。

本記事では、新しいiPhoneでも今まで通りGoogleマップアプリのタイムラインに最新の情報を記録するように設定する方法を紹介したいと思います。

新しいiPhoneでもタイムラインを残すように設定する

Googleマップアプリを起動します。メニューから「タイムライン」を選択します。

f:id:ch3cooh393:20180120000653j:plain
(1)メニューから「タイムライン」をタップする

タイムライン画面のナビバーの右側の「・・・」を選択します。

f:id:ch3cooh393:20180120000848j:plain
(2)タイムライン画面で「・・・」をタップする

モーダルがせり上がってくるので「設定」を選びます。

(3)「設定」を選択します

個人的なコンテンツ設定画面から「ロケーション履歴」の項目を探してタップします。

(4)「ロケーション履歴」をタップする

ロケーション履歴画面で、ロケーション履歴の設定がオンになっているのかを確認します。さらに現在使っている端末もオンになっているのか確認します。

(5)「設定」を選択します

以上で新しいiPhoneデバイスでもタイムラインに最新情報が反映されるようになると思います。