Mastodon

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

macOSにHomebrewを使ってpythonをインストールする

久しぶりにpythonをいじることになったため、macOSにHomebrewを使ってpythonをインストールする。

環境情報

  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • Apple M1 Pro
  • macOS Monterey v12.1
  • Homebrew 3.3.9

macOSでアプリ開発をしている場合、おそらくすでにHomebrewがインストールされていると思う。もしHomebrewがインストールされていない場合には https://brew.sh/index_ja にしたがって事前にHomebrewをインストールしておくこと。

% brew --version
Homebrew 3.3.9
Homebrew/homebrew-core (git revision 0f22e62c1b8; last commit 2022-01-10)
Homebrew/homebrew-cask (git revision 17a08afc32; last commit 2022-01-10)

Homebrewを使ってpythonをインストールする

まずはpythonがインストールされているかどうかを確認する。v2.7.18なのでOS組み込みのものだと思われる。

% which python
/usr/bin/python

% python --version
Python 2.7.18

将来的にpythonのバージョンアップが必要になった場合にバージョンの切り替えができるようにHomebrewを使ってpyenvをインストールする。最近はvenvの方が主流のようだがよくわからないので過去に使ったpyenvを利用する。

brew install pyenv

pyenvがインストールできたら、インストール可能なバージョンリストを確認する。

% pyenv install -l
Available versions:
  2.4.0
  2.4.1
  ...(省略)
  3.9.7
  3.9.8
  3.9.9
  3.10.0
  3.10-dev
  3.10.1
  3.11.0a3
  3.11-dev

2022/01/10現在、安定版は 3.10.1 のようだ。3.10.1をインストールする。

pyenv install 3.10.1

python 3.10.1 がインストールできたかどうか確認する。

% pyenv versions
* system (set by /Users/ch3cooh/.pyenv/version)
  3.10.1

3.10.1 をデフォルトで使いたいので有効なバージョンを切り替える。

% pyenv global 3.10.1
% pyenv versions     
  system
* 3.10.1 (set by /Users/ch3cooh/.pyenv/version)

このままpythonを使おうとすると「システムのpython」が動いてしまうため、pyenvにパスを通す。pyenvへのパスの通し方はpyenvやmacOSのバージョンによって異なるので、事前に「GitHub - pyenv/pyenv: Simple Python version management」のドキュメントに目を通しておくこと。

echo 'eval "$(pyenv init --path)"' >> ~/.zprofile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zshrc

以上でpython 3.10.1 が利用できるようになった。

% python --version
Python 3.10.1