Mastodon

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windows Phone SDK 8.0をインストールする

「Windows Phone Advent Calendar "ひとり" 2012」の第2日目は、Windows Phoneアプリケーションを開発する前提となる。Windows Phone SDK 8.0をインストールしましょう。


Windows Phone SDK 8.0をダウンロードする

Windows Phone SDK 8.0のインストーラは、WebインストーラーとISOイメージの2つが用意されています。

インターネットに繋がっていなかったり、回線速度が遅い方向けにCDイメージ(.ISO)でもインストーラが公開されていますが、個人的におススメはWebインストーラーです。

システム要件

Windows Phone SDK 8.0が要求する環境は、以下の通りです。Visual Studioがインストール済みの場合、開発環境が統合されます。

  • OS
    • Windows 8
    • Windows 8 Pro
  • 6.5 GB以上のハード ディスク空き容量
  • 4 GB以上の RAM
  • x64 CPU

Windows Phone 8エミュレータは、Hyper-V上で動作するため、以下の要件を満たしている必要があります。

  • Windows 8 Proエディション以上
  • Second Level Address Translation (SLAT) をサポートするプロセッサ

Windows Phone 8 エミュレータが動作しない環境でもシステム要件を満たしている場合、Windows Phone SDK 8.0はインストールされます。ただし、この場合はエミュレータそのもの起動、およびアプリケーションのテストができません。

開発マシンがSLATに対応しているかどうかは、Microsoftエバンジェリストの大西さんが書いた「Windows Phone SDK 8.0 ダウンロードポイント と Second Level Address Translation (SLAT) 対応PCかどうかを判定する方法」が詳しいです。

いざ、インストールを開始する

システム要件に問題なければ、Windows Phone SDKのインストールを開始しましょう。

Webインストールの場合は、WPexpress_full.exeを実行します。ISOイメージからのインストールの場合は、空のDVDに書き込みをおこなうか、仮想DVDデバイスにマウントしてください。Windows Phone SDKのインストーラが起動します。

[ライセンス条項に同意する]にチェックをつけ、大きく表示されている[インストール]をクリックします。

ダウンロードとインストールが並行して開始します。

Hyper-Vが無効の場合「有効にしますか?」とダイアログが表示されます。問題なければHyper-Vを有効にして再起動をおこないます。

再起動後に、ファイナライズ処理をおこない、Windows Phone SDKのインストールが完了します。