読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Xamarin.iOSでMD5やSHA1のハッシュ値を計算する

MD5(Message Digest Algorithm 5)は、入力に対して128ビットのハッシュ値を出力するハッシュ関数のことで、不可逆的な一方関数を用いているところから認証などで広く使われています。他にもダウンロードしたファイルが第三者によって作者(配布者)が意図しない改竄がおこなわれていないかの調査に使用することもあります。

本記事では、Xamarin.iOSでMD5やSHA1のハッシュ値を得るためにはどうすれば良いのかご紹介します。

MD5のハッシュ値を取得する

var input = "CH3COOH";

var md5 = System.Security.Cryptography.MD5.Create();
var bytes = System.Text.UTF8Encoding.UTF8.GetBytes(input);
var hash = md5.ComputeHash(bytes);

SHA1のハッシュ値を取得する

var input = "CH3COOH";

var md5 = System.Security.Cryptography.MD5.Create();
var bytes = System.Text.UTF8Encoding.UTF8.GetBytes(input);
var hash = md5.ComputeHash(bytes);

この値が正しいかどうかは、オンラインのハッシュ変換サイト等を使って検証することができます。

関連記事

Xamarin.iOSを使ったアプリを開発中に気付いたことや調べたことをメモしています。Xamarin.iOSを使ってアプリ開発する際に逆引きとしてお使いください。