酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Silverlight for Windows Phone Toolkitを攻略する 第2日目 ContextMenuService

Silverlight for Windows Phone Toolkitを攻略する - 酢ろぐ

「次はTileEffect(タイルエフェクト)についてまとめます。」と前回話してたんだけど、実際にはTiltEffect(チルトエフェクト)で、恥ずかしい思いをしたのでスキップします。

第2日目は、ContextMenuServiceについてまとめました。ICommandについては特に触れてないので後で書き足します。

Context Serviceのポイントは、どこにContextMenuを組み込むかでしょうか。場合によってはホールドを続けてもコンテキストメニューが表示されないとかが普通にあります。

場合によっては難しいかもしれませんが、ContextMenuのIsZoomEnabledプロパティをTrueに設定すると、Windows Phone 7らしさが出せると思います。

<ListBox Name="listBox1" VerticalAlignment="Stretch" HorizontalAlignment="Stretch" Width="370">
    <ListBox.ItemTemplate>
        <DataTemplate>
            <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="0,20,0,0" >

                <!-- Context Menu -->
                <toolkit:ContextMenuService.ContextMenu>
                    <toolkit:ContextMenu IsZoomEnabled="True">
                        <toolkit:MenuItem Header="Delete" 
                                          Click="MenuItem_Click" />
                    </toolkit:ContextMenu>
                </toolkit:ContextMenuService.ContextMenu>

                <!--  -->
                <TextBlock Text="{Binding}" Margin="30,10" TextWrapping="Wrap" Style="{Binding PhoneTextLargeStyle}" FontSize="40" />

            </StackPanel>
        </DataTemplate>
    </ListBox.ItemTemplate>
</ListBox>

次回は予定通り、TiltEffectの紹介をします。