Mastodon

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

設定チャームからのカスタム項目を実装する

なんか文章が適当なので後でなおします。

設定チャーム ペインにカスタムの設定項目を表示する - 酢ろぐ!」の続き的なもの。フライアウト作るの面倒やねんってことで、ライブラリを使って実装します。

JohnMichaelHauck氏のCharmFlyoutというライブラリをNuGetでインストールします。NuGet超便利ですね。

[新しい項目]でユーザーコントロールを追加します。名前はSettingFlyouts.xamlにでもしておきましょう。

**XAML

|xml|

<Grid>
    <!-- 設定チャームからまず遷移するフライアウト -->
    <cf:CharmFlyout x:Name="settingsSubFlyout" Heading="より詳細な設定横目"
            HeadingBackgroundBrush="#FF4E0000" ParentFlyout="{Binding ElementName=cfoSettings}">
        <StackPanel>
            <Button Click="clickViewPrivacyPolicy" Content="プライバシーポリシーを見る" />
        </StackPanel>
    </cf:CharmFlyout>

    <!-- プライバシーポリシーを表示するフライアウト -->
    <cf:CharmFlyout x:Name="privacyPolicyFlyout" Heading="Privacy Policy"
            HeadingBackgroundBrush="#FF4E0000" ParentFlyout="{Binding ElementName=settingsSubFlyout}">
        <StackPanel>
            <TextBlock FontSize="16">Sub-setting 1</TextBlock>
            <TextBlock FontSize="16">Sub-setting 2</TextBlock>
        </StackPanel>
    </cf:CharmFlyout>
</Grid>

||<

**コード

|cs| using Windows.UI.ApplicationSettings; using Windows.UI.Xaml; using Windows.UI.Xaml.Controls;

namespace SettingsPaneSample2 { public sealed partial class SettingFlyouts : UserControl { public SettingFlyouts() { this.InitializeComponent(); SettingsPane.GetForCurrentView().CommandsRequested += CommandsRequested; }

    private void CommandsRequested(SettingsPane sender, SettingsPaneCommandsRequestedEventArgs args)
    {
        if (args.Request.ApplicationCommands.Count != 0)
        {
            return;
        }

        args.Request.ApplicationCommands.Add(
            new SettingsCommand("ID", "より詳細な設定をおこなう", 
                _ => { settingsSubFlyout.IsOpen = true; }));
    }

    private void clickViewPrivacyPolicy(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        privacyPolicyFlyout.IsOpen = true;
    }
}

} ||<

**MainPage.xaml.csでの変更

アプリ全体で有効な設定コントラクトにしたいので、ルートのフレームを置き換えます。

|cs| ///

/// アプリケーションがエンド ユーザーによって正常に起動されたときに呼び出されます。他のエントリ ポイントは、 /// アプリケーションが特定のファイルを開くために呼び出されたときに /// 検索結果やその他の情報を表示するために使用されます。 /// /// 起動要求とプロセスの詳細を表示します。 protected override void OnLaunched(LaunchActivatedEventArgs args) { Frame rootFrame = Window.Current.Content as Frame;

        // ウィンドウに既にコンテンツが表示されている場合は、アプリケーションの初期化を繰り返さずに、
        // ウィンドウがアクティブであることだけを確認してください
        if (rootFrame == null)
        {
            // ナビゲーション コンテキストとして動作するフレームを作成し、最初のページに移動します
            //rootFrame = new Frame();
            rootFrame = new CharmFlyoutLibrary.CharmFrame() { CharmContent = new SettingFlyouts() };

||<

あとはプロジェクトを実行して、設定チャームを表示させればいい感じに、設定項目間を移動してくれるのが分かります。