酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

FlutterをmacOSにインストールする

Flutterのv1.0がリリースされました。約10ヶ月前にもFlutterのインストール記事を書きましたが、新しいMacBook Proにも変えたので再度Flutterのインストールからやり直したいと思います。

備忘録代わりにインストールに際してやったことを順に書いていきたいと思います。

macOSにFlutterをインストールする

開発環境を整えていきます。この記事に書かれていることは「MacOS install」と同じですので一次ソースをお読みください。

まずはSDKをダウンロードします。「MacOS install - Flutter」にアクセスする。

f:id:ch3cooh393:20181231164421p:plain

任意のディレクトリへunzipします。

cd ~/Documents/works
unzip ~/Downloads/flutter_macos_v1.0.0-stable.zip

flutterにパスを通す

パスを通します。

vim ~/.bash_profile
# flutter
export PATH="$PATH:/Users/ch3cooh/Documents/works/flutter/bin"

ターミナルを再起動します。

Homebrewで一気にインストールできると何も考えずによくて楽チンなのですが、まだそこまで環境は整備されていないのかな?

flutter doctorを実行する

flutter doctorを実行します。

flutter doctor

この時点で足りないものが結構ありました。

Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[✓] Flutter (Channel stable, v1.0.0, on Mac OS X 10.14.1 18B75, locale ja-JP)
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK 28.0.3)
    ! Some Android licenses not accepted.  To resolve this, run: flutter doctor
      --android-licenses
[!] iOS toolchain - develop for iOS devices (Xcode 10.1)
    ✗ libimobiledevice and ideviceinstaller are not installed. To install with
      Brew, run:
        brew update
        brew install --HEAD usbmuxd
        brew link usbmuxd
        brew install --HEAD libimobiledevice
        brew install ideviceinstaller
    ✗ ios-deploy not installed. To install with Brew:
        brew install ios-deploy
[✓] Android Studio (version 3.2)
    ✗ Flutter plugin not installed; this adds Flutter specific functionality.
    ✗ Dart plugin not installed; this adds Dart specific functionality.
[!] Connected device
    ! No devices available

iOS向けのtoolchainをインストールする

iOSアプリ開発向けにHomebrewを使ってiOS toolchainをインストールします。

macOSでアプリ開発で必要なCocoaPodsやCarthageをインストールするために、すでにHomebrewがインストールされていると思います。もしHomebrewがインストールされていない場合には https://brew.sh/index_ja を読んでインストールしてください。

brew install --HEAD usbmuxd
brew link usbmuxd
brew install --HEAD libimobiledevice
brew install ideviceinstaller ios-deploy cocoapods
pod setup

CocoaPodsなどすでにiOSアプリ開発をしている場合にはインストール不要かもしれません。

Android向けのtoolchainをインストールする

Android Studioを起動します。

f:id:ch3cooh393:20181231171207p:plain

f:id:ch3cooh393:20181231171137p:plain

f:id:ch3cooh393:20181231171057p:plain

f:id:ch3cooh393:20181231171042p:plain

サンプルプロジェクトを実行する

iOSシミュレータを起動した上で、サンプルプロジェクトのディレクトリに移動してflutter runを実行するとアプリが起動します。

open -a Simulator
cd ./flutter/examples/hello_world
flutter run

わかりにくいですが、iOSシミュレータで起動しました。

flutter doctorを実行する

再度、flutter doctorを実行します。iOSの実機デプロイを試していないのでその部分だけ❗️マークが表示されています。

[✓] Flutter (Channel stable, v1.0.0, on Mac OS X 10.14.1 18B75, locale ja-JP)
[✓] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK 28.0.3)
[!] iOS toolchain - develop for iOS devices (Xcode 10.1)
    ✗ Verify that all connected devices have been paired with this computer in
      Xcode.
      If all devices have been paired, libimobiledevice and ideviceinstaller may
      require updating.
      To update with Brew, run:
        brew update
        brew uninstall --ignore-dependencies libimobiledevice
        brew uninstall --ignore-dependencies usbmuxd
        brew install --HEAD usbmuxd
        brew unlink usbmuxd
        brew link usbmuxd
        brew install --HEAD libimobiledevice
        brew install ideviceinstaller
[✓] Android Studio (version 3.2)
[✓] Connected device (1 available)

以上でmacOSへのFlutterのインストールは終わりです。とりあえず起動させるところまでは進めました。