Mastodon

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

SwitchBot 屋内カメラに挿した64GBのmicroSDカードがなぜか190MBしか認識されない

ハムスターの監視に「SwitchBot 屋内カメラ」を使っている。固有の製品名がないため以下、屋内カメラと記す。

我が家ではハムスターのゲージの天板にカメラを設置してケージ内全体を見下ろしている。ハムスターは夜行性のため深夜から早朝の動き回っている姿が可愛らしい。SwitchBot 屋内カメラはハムスターを飼ってる人にもっともおすすめしたいグッズのひとつだ。

f:id:ch3cooh393:20220227200734p:plain

しかし、SwitchBot 屋内カメラに挿した64GBのmicroSDカードがなぜか190MBしか認識されない問題があり、1週間ほどで容量がパンクしてしまった。どうして190MBとして認識されてしまうのか調査・解決した。

屋内カメラに挿したmicroSDが実際よりも低い容量で表示される

屋内カメラはmicroSDカードを指すことでリプレイモードが有効になる。リプレイモードとは動体検知したタイミングから録画を開始して記録に残す機能のことだ。

公式ページでは128 GBまで使えることになっているが、自宅にあった64GBのmicroSDカードを使ってみたところ何故か190MBしか認識されなかった。

macOSでフォーマットして1度目の起動時には正しい値が表示されているのだが、屋内カメラを再起動すると0.19GB表示になってしまう。

f:id:ch3cooh393:20220227202328j:plainf:id:ch3cooh393:20220227202325j:plain
左:PCでフォーマットした直後の表示、右:屋内カメラ再起動後の表示

なぜこのような現象が発生してしまうのか?microSD側に問題があるのか調べることにした。

このmicroSDの正体は?

自宅の余ってるmicroSDカードを挿したのだが、このSDカードが身元不明の怪しいものなのかもしれない。

何かの中華デバイスについてきたmicroSDカードなどではなくてAmazonの注文履歴に記録が残っていた。どうやらNintendo Switchの発売に合わせて買ったmicroSDカードだとわかった。正体もシリコンパワー製のmicroSDXC class10 UHS-1 であることもわかった。

購入してから5年経つので念のためにこのmicroSDカードが壊れていないかf3を使ってチェックすることにした。f3を使ってmicroSDカードをチェックする方法は以下の記事を参照していただきたい。

blog.ch3cooh.jp

f3での書き込みと読み込みのチェックは下記の通りとなった。

F3 write 8.0
Copyright (C) 2010 Digirati Internet LTDA.
This is free software; see the source for copying conditions.

Free space: 58.67 GB
Creating file 1.h2w ... OK!                         
Creating file 2.h2w ... OK!                         
(中略)
Creating file 58.h2w ... OK!                         
Creating file 59.h2w ... OK!                        
Free space: 0.00 Byte
Average writing speed: 23.53 MB/s
F3 read 8.0
Copyright (C) 2010 Digirati Internet LTDA.
This is free software; see the source for copying conditions.

                  SECTORS      ok/corrupted/changed/overwritten
Validating file 1.h2w ... 2097152/        0/      0/      0
Validating file 2.h2w ... 2097152/        0/      0/      0
(中略)
Validating file 58.h2w ... 2097152/        0/      0/      0
Validating file 59.h2w ... 1409984/        0/      0/      0

  Data OK: 58.67 GB (123044800 sectors)
Data LOST: 0.00 Byte (0 sectors)
           Corrupted: 0.00 Byte (0 sectors)
    Slightly changed: 0.00 Byte (0 sectors)
         Overwritten: 0.00 Byte (0 sectors)
Average reading speed: 84.52 MB/s

カタログスペックは下記の通りなので妥当な結果とも言える。特に読み込み・書き込みに問題があるわけでもなさそうだ。

最大読み出し速度85MB/秒、最大書込み速度15MB/秒

再度フォーマットして屋内カメラに挿してみたが、結果は変わらず0.19GBとしか認識されていないようだった。このSDカードはNintendo Switchでの動作確認はできているようだがSwitchBotでは使えないのかもしれない。

SamsungのmicroSDカードを買った

microSDカードが故障したことを疑い、前述の通りf3でチェックしてみたが原因はわからなかった。悩んでも答えを出せる気がしなかったので、AmazonでタイムセールになっているSamsungのmicroSDカードを買った。128GBが2,000円以下で買える時代になっていたのに驚いた。

新しいmicroSDカードを使っても屋内カメラが190MBとして認識するようであれば、SwitchBotのサポートに連絡したいと思う。

(21:38追記) SDカードフォーマッターでフォーマットしたらきちんと認識されるようになった

寝床でiPhoneを弄っている時にふと「フォーマット処理がうまくできてないのではないか?」と思いついた。

いままではmacOSのディスクユーティリティーでSDカードをフォーマットしていたが、公式の「SD Memory Card Formatter」でフォーマットしたときに挙動が変わるのか確認していなかったのだ。

www.sdcard.org

早速SDカードフォーマッターをインストールして、当該のmicroSDカードをフォーマットして、屋内カメラに挿したところきちんと容量が認識された。屋内カメラを再起動しても容量が正しく認識されているのがわかる。

f:id:ch3cooh393:20220227213612p:plainf:id:ch3cooh393:20220227213355j:plain
左:SDカードフォーマッターでのフォーマット後の表示。右:屋内カメラに挿入して再起動後の表示