酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

「引っ越しするぞ!」と思ったときにやること

嫁の友達が遠くへ引っ越すらしいです。引っ越しの場数を踏まないとクソ物件を掴んでしまいがちで、場数を踏んでいても油断するとクソ物件を掴んでしまいます。1人か2人によって適切な住まいの広さが異なるので参考にしてもらえればと思います。

あと、自分が次に引っ越すことになったときのために過去の住まいの大きさを書き出す意味もあります。「引っ越しするぞ!」と思ったときに物件を選定する方法を備忘録がわりに思い出しながら書き出してみました。

僕の今までの引っ越し履歴

僕の人生の中でいままで数えてみると計6回引っ越しをしていました。

住んだ場所 移動 間取り 引っ越しの理由
1 大阪市内 実家→大阪市内 1人暮らし 1K(16.08m²) ひとつ下の階の住民が、午前2時になると爆音+重低音の音楽を聴き始めてノイローゼ気味に
2 大阪市内 大阪市内から大阪市内 1人暮らし 1DK(26.68m²) 東京へ行くことになった
3 江戸川区 大阪から東京(江戸川区) 2人暮らし 2DK(35.23m²) 嫁が学校遠いって言い出した
4 調布市 江戸川区から調布市 2人暮らし 2K (約45m²) 水圧が低くて水が出ない
5 世田谷区 調布市から世田谷区 2人暮らし 1DK(28.92m²) 大家が覗き込んでくるのが気持ち悪い/犬を飼うことにした
6 世田谷区 世田谷区から世田谷区 2人+ペット暮らし 2DK(39.6m²) ←イマココ

遠方からの参加者が泊まるところがないって言った時によく泊めていたので、大阪の(2)の住居は知ってる人が多いかもしれません。(1)の住居を知ってるのはTwitterでもごくわずかだと思います。

まずは住む地域を決める

引っ越すにあたり、まずは住む地域を決めます。知らない土地の場合には仕事場基準で決めるのが良いです。治安が良いかどうかは実際に行って調査できると良いのですが、遠隔地の場合は前印象だけで判断するのも仕方がないかなと思います(例:足立区は修羅の国だ)。

  • 想定家賃が給料の1/4くらい
  • 会社から通勤で1時間以内。社畜するなら30分以内 *1
  • 繁華街の規模が小さいところ
  • 治安の良いところ

大阪で一人暮らしをしていた時から今に到るまで賃貸物件を決める場合の条件は以下の通りです。

  • 鉄筋コンクリート造り
  • 家から駅まで徒歩5分以内
  • マンション3階以上
  • ゴミの出す場所が決まってる (できればいつでもゴミを捨てれるようになってると良い)
  • 水がきちんと出るところ (築古マンションの場合高層階になると水圧が弱くて、2箇所同時に使うと水が出なくなることがある)

東京に移り住んできてからは、ずっと自宅警備員なので「最寄り駅から徒歩5分以内」「通勤1時間以内」にこだわることがなくなりました。車・バイクでの移動を前提にしていないので、今後も車社会の地域に住むことはなさそう。シティボーイでありたい。

部屋の大きさについて

僕が1人暮らししていた時は、PC1台あればあとは技術書と漫画くらいしか持ち物がなかったので1DK(26.68m²)で十分でした。嫁と一緒に暮らすようになってモノが増えることになって手狭になりました。

広さ的に2人で住むなら 2DK(約35m²〜)は欲しい。1人で住むのであれば1DK(約26m²〜)は欲しいです。

家の近くにあればよいもの

歩いて2〜3分の距離にあればよいもの。

  • コンビニ (生活が潤う)
  • コインランドリー (梅雨の時期の強い味方)

駅から家までの間にあればよいもの。駅から家までの間にスーパーがない場合、途端に自炊度が下がる。

  • スーパー

大家との交渉

今住んでいるところとの家賃の二重払いを避けるために、「1ヶ月フリーレント」もしくは「鍵を貰ってから入居日までの数日間は無料(1ヶ月未満ってこと)」の交渉はしておきたい。

長期間の取り置きは大家も嫌がるけど、交渉次第では1ヶ月であれば確保してることも多い。

最近はフリーレントが売り文句になってることもあるけど、別途違約金が発生するケースもあるので契約書はよく読もう。

引っ越しにあたり

住む場所が決まったら、

  • 引っ越し手段を決める (業者を使うのか、友達に手伝ってもらうのか)

引っ越し日が決まったら、

  • 引っ越し元の役所で異動届をもらう

引っ越したら、身分証明書の更新を優先的におこないます。住民票だけだと身分証明にはならないとするところが多いので、免許証があるととても強いです。

  • 引っ越し先の役所で異動届を出す、役所で住民票をもらう
  • 警察署に行って免許証の住所を変更する

*1:これも残業が厳しくなるにつれてドアtoドアで30分以内と条件をつけるようになりました