読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Xamarin.iOSの開発Tipsの記事まとめ

日本語で書かれたXamarin.iOSについてのTipsがあまり検索で引っかからないので忘備録代わりにメモしています。基本的時自分用に書いているのでザックリとした記載になっていますが、Xamarin.iOSでなにかやりたいという時の逆引きとして使っていただけると嬉しいです。

f:id:ch3cooh393:20141204174906p:plain

随時更新していきます。Xamarin Studioは日々アップデートがリリースされており、特にXamarin Studioについては記事の執筆時点から大きく変更されている可能性があります。現時点、以下の目次はClassic APIとUnified APIの記載が混じっていますのでご注意ください。

Xamarin.iOS開発ことはじめ

Xamarin.iOSを使ってアプリ開発するにあたって知っておいた方が良いTipsを紹介します。

画面やUIパーツ

画面遷移(storyboard,xib など)

テキストを表示させるラベル(UILabel)

画像を表示するビュー(UIImageView)

アラート、ダイアログ(UIAlertView)

ジェスチャー

  • タップを検出する
  • パンを検出する
  • ピンチイン・ピンチアウトを検出する
  • 回転を検出する
  • スワイプを検出する
  • ホールド(長押し)を検出する

データ、ファイル、ストレージ

ネットワーク

画像や音声、マルチメディア

画像(UIImage)関連

CoreGraphicsを使って動的に図形を描画したりテキストを描画したUIImageオブジェクトを生成します。iOS 7からは

リソース

デバイス、センサー

機種名(デバイスモデル)

センサー

システム

パスワードの保存(Keychain)

アプリ間連携

iOS Binding Project

ローカライズ、多言語対応

型の変換

Xamarin.iOSは、.NET ランタイムでありiOSとの間の部分を補完します。iOSアプリではOS標準コントロールであるUIKitを度々操作する必要がでてきます。

UIKitを操作する際の大部分は、Xamarin.iOSによって.NET Frameworkで定義されている型で操作できるように補完されているのですが、例外もありNS***クラスであったりUI***クラスに型を変換する必要があります。この節ではXamarin.iOSを使ったプログラミングで避けられない型の変換について取り扱います。

ライブラリ

  • Zipファイルを解凍する
  • Zipファイルを作成する

Html Agility Pack

基本的なプログラミングTips

Xamarin.iOSを使ってiPhoneやiPadなどのiOSアプリ開発をする上で、基本的なプログラミングのTipsを紹介します。ほとんどC#の説明になっているところもあります。

文字列操作

日時操作

ハッシュ操作

タスク処理と並列処理

その他

ソースコードの共有化

関連書籍

C#によるiOS、Android、Windowsアプリケーション開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ)

C#によるiOS、Android、Windowsアプリケーション開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ)