酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Canon PIXUS MG3530に再生インクカートリッジを使うようにした

プリンタビジネスは、本体を安く売ってインク代で回収すると言われています。

純正品のインクが高いことに目をつけた業者が、回収したインクカートリッジに新しくインクを注入して、安くリサイクルプリンターインクを売るというビジネスを展開しています。

髭剃りも同じようなビジネスモデルだけど、さすがにリサイクル替え刃って聞いたことないな……

再生インクカートリッジに変えてみた

嫁が大量に印刷するので紙代はともかくインク代がバカになりません。論文ひとつ印刷してインクが空になるとかザラで……

純正品であればBC-340XL(2,837円)+BC-341XL(2,979円)で計5,816円かかります。

Canon 純正 インク カートリッジ BC-340 ブラック 大容量タイプ BC-340XL

Canon 純正 インク カートリッジ BC-340 ブラック 大容量タイプ BC-340XL

Canon 純正 インク カートリッジ BC-341 3色カラー 大容量タイプ BC-341XL

Canon 純正 インク カートリッジ BC-341 3色カラー 大容量タイプ BC-341XL

再生品であれば両方合わせて3,680円です。

本体が壊れたとしても購入から3年経っているので、壊れるというリスクも含めても妥協できる範囲だったので、再生インクカートリッジに変えてみました。

開封の儀とインクカートリッジの設置

翌々日に商品が届きました。

カートリッジの裏側の製造番号は消されていました。ベースはCanonの純正品を使ってそうですね。

再生インクカートリッジの中には「単純にインクを追加しただけなので残量カウンターがリセットされていない」というものがありますが、H&BOの再生インクカートリッジは「残量カウンターがきちんとリセットされている」もののようです。

f:id:ch3cooh393:20180430112732p:plain

もっと安いものはあったけど残量確認ができないものを買うよりかはよかったかな。