酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

紛失防止タグのMamorio(マモリオ)を2つ買いました

先日ビックカメラで見かけた時、自分にはMamorioは必要ないのと嫁には使いこなせなさそうだと考えて買うのを控えました。

Mamorioを買った

ビックカメラでしか半額になっていないと思って「まぁいいかー」とスルーしていたんだけど、次の日あたりに2018年3月31日までMamorioが半額になるキャンペーンをやっていると知りました。なんとAmazonやヨドバシカメラオンラインでもMamorioが半額になっていました。

ただ、値段が半額になったとしても使うかどうかもわからないビーコンタグに1,800円も払うのはなぁーと考えていました。

Mamorioの購入の決め手になったのは

Mamorioの購入の決め手になったのは、嫁が出かけたと思ったら財布を取りに帰ってきて、また出て行ったと思ったら次は指輪を忘れる事件がありました(合計3回送り出した)。

財布を無くしたことはいままでないのですが、家(職場)を出て駅に向かって行く途中で、財布を忘れたのに気付いて取りに戻ることは何度かありました。

基本的に携帯電話は手に持っているので忘れることはない(すぐに気付く)のですが、たまに財布を忘れてしまうことがあります。先日も三鷹のハードオフに行ったのに財布を忘れたのに気付いて何も買わずに帰るという悲しい出来事があったばかりです。

財布を家に置き忘れることを防ぐための代金だと思えば、Mamorioの1,890円には価値があると考えたので、自分用と嫁用にMamorio(マモリオ)を2つ買うことにしました。

Mamorio開封の儀

Mamorioの厚さは100円玉2枚分と同じくらいで、奥行きは500円玉よりやや長い感じです。財布に入れるのであれば、小銭入れに仕込んでおくのが良さそうですね。

懸念点としてはMamorioは使い捨ての消耗品であるということ

半年から10ヶ月で電池がなくなってしまうのでOTAKIAGEします。OTAKIAGEは、「最初のペアリングから半年経ったMamorio」を定価の50%の費用で新品と交換することができるサービスです。

support.mamorio.jp

自分でどうにかして交換することはできないのかな?と思って検索してみたら、同じことを思った人がいたようでMamorioの電池を交換しているエントリーを見つけました。

ゲームボーイやファミコンのセーブバッテリーを交換したことがある人であればピンとくると思いますが、ゲームボーイ用のタブ付きボタン電池を使うことで代用できそうですね。ボタン電池に直接半田付けするのは怖くてできないけど、余っているタブ付きボタン電池を流用することはできそうです。