読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

ゲームボーイ(DMG-01)6号をレストアする

先日、ジャンクのゲームボーイセットを購入しました。初代ゲームボーイ(DMG-01)が久しぶりに手に入って嬉しいです。

さて、今日もゲームボーイを修理して徳を積んでいきたいと思います🙏

ゲームボーイ6号を分解する

ゲームボーイ2号もだいぶん変色していていたので1週間ほど漂白剤に浸けましたが、ゲームボーイ6号はそれ以上ですね。

異常に黄変してしまっている。洗浄・漂白は不可避です。

状態としては、電源LEDは点灯するのですが、液晶がまったく表示されない状態です。コントラストを弄っても何も表示されません。音も鳴りません。

基盤を掃除してどこまで回復するでしょうか。

裏蓋をとりました。電池の液漏れっぽいものはないのですが、最悪なことにネジ穴が潰れてしまっています。この時点でこれは直せないかも……と覚悟しました。

頑張ってネジを外すことができました。なめたネジを無理やり開けるのはもう二度とやりたくないです。誤ってこのネジを使ってしまわないようにその日のうちに処分しました👍

裏面もやはり汚い……

分解してみたところ、外装の汚れと裏腹に基盤はとても綺麗です。

ゲームボーイはふたつに割ることができるので、電源側基盤と液晶側基盤のどちらが故障しているのか?または基盤が両方とも故障しているのか?を調査していきたいと思います。

電源側基盤のテスト

完動品のパーツとニコイチして、電源側基盤が故障していないか調べます。

汚れを取ったのがよかったのか画面が写りそうな気配があります。ゲームボーイ6号は僕に取っては珍しい電源側基盤の故障事案かもしれません。

液晶側基盤のテスト

次に完動品のパーツとニコイチして、液晶側基盤が故障していないか調べます。

なぜかうちには大量に電源側基盤が余っているので、最悪、電源側基盤が故障していても液晶側基盤さえ生きていれば完動品にすることができます。

外装を外して確認したところ、液晶側基盤と電源側基盤を繋げるケーブル(ハーネス)に傷がついていました。

まさかの縦ラインを直そうとした痕跡を発見してしまいました。液晶を固定する白いやつが溶けているのが確認できます。

液晶側基盤自体は正常に動いているのが確認できました。ただ、変に修理をしてしまっているのが原因なのか縦ライン抜けではなくて液晶がぼんやりと表示されるようになっていました。

液晶自体の故障なのかケーブルの破損が原因なのかわかりませんが、まともに表示されることはありませんでした。

このゲームボーイ6号どうしよう……少し検討して修理方針を考えたいと思います。

関連記事

この他にもゲームボーイの修理・改造ネタを紹介しております。Tipsをまとめておりますのでこちらのページをご参照ください。