読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

ゲームボーイ(DMG-01)にBivertモジュールをつける

ひとりゲームボーイアドベントカレンダー2016の第19日目です。前日の記事は「ゲームボーイ(DMG-01)にバックライトを実装する」でした。

初代ゲームボーイ(DMG-01)にバックライトモジュールをつけました。バックライトをつけることで暗所や光の入らないところでの表示がかなり見やすくなったと思います。

ただバックライトをつけるだけではぼやけているような感じになります。左がバックライトとBivertモジュールの実装後、右がバックライトのみです。

写真だけでも十分だとは思ったのですが、実際にバックライトとBivertモジュールを実装したゲームボーイに触ったことがないと、バックライト実装のみのゲームボーイとで見やすさに差があるのかわかりにくいかもしれません。

2本同じソフトを持っているのが「ポケモン銀」しかありませんでした。タイミングを合わせて動画に撮ってYoutubeにアップロードしてみました。

www.youtube.com

それでもバックライトをつけるだけでも、元のゲームボーイの表示に比べるとみやすいのですが、Bivertモジュールがあると表示がクッキリしてドットが浮き出るので見やすさに違いがあることがわかっていただけるかと思います。

Bivertモジュールをつける

ドットを立てる……浮かせると書いた方が伝わりやすいのでしょうか。視認性を向上させるためにBivertモジュールを実装していきましょう。

僕のような電子工作に自信がない方は、Hand-Held LegendのBivertモジュールを購入するのが良いでしょう。

チップに直接ハンダしなくても細かい半田付けはすでに終わっており、指定された場所をはんだづけするだけでとても簡単です。

事前にしえんさんに注意点を教えていただいていました。

どのピンを持ち上げれば良いのかわからなかったので、あらかじめ黒色のマジックでピンに印をつけておきました。

はんだ吸い取り線で軽くはんだを減らした状態で、ニッパーで切断してピンを持ち上げてから残ったはんだを除去しました。ピンが持ち上がっているのがわかるでしょうか。

Bivertモジュールを載せてはんだづけします。

ゲームボーイの電源を入れてきちんと画面が表示されているのかを確認します。バックライトを入れただけとは異なりかなり視認性が向上しているのがわかります。

これでゲームボーイの改造は一通り終わりました✌️

Bivertモジュール実装時のトラブルについて

上記では綺麗にまとめましたが、実際にBivertモジュールの実装は何度か試して失敗も経験しました。ここでは実装時の失敗・トラブルについて紹介します。Bivertモジュール実装の際に同じトラブルに見舞われた方の助けになれば幸いです。

問題発生:液晶の表示が壊れてしまった/表示がおかしくなった

うまく画面が映ったと思ってしばらくカービィで遊んでいました。特に大きな衝撃を加えたということはないのですが、しばらくすると下図のように表示がつぶれてしまいました。

Bivertモジュールは映像の信号を送る経路に割り込んで、信号を反転してから液晶ユニットに信号を送ります(と認識しています)。

うまくはんだづけができたと思っていても、ゲームボーイは携帯ゲーム機なので、カバンに入れて持ち歩いている間にはんだが取れてしまうこともあります。表示用の信号がきちんと液晶に伝わっていない(どこかで断線している)場合には、このように画面の表示がおかしくなってしまいます。

一見してどこのはんだが取れているのかを特定することができなかったので、はんだ吸い取り線を使って一度Bivertモジュールを外して、再度はんだづけをしたことで問題は発生しなくなりました。

問題発生:表示がふわふわしてる

「表示がふわふわしている」と思いました。出力が安定せずコントラストが薄くなったり濃くなったりしてしまいます。

うまく言葉で表現するのが難しいので動画で撮影しました。これはゲームの演出ではありません。

www.youtube.com

もともと銀紙が1枚入っていたところにバックライトユニットを入れたので液晶が圧迫されて表示が乱れているのか?とも考えたのですが、筐体に収納していない(圧迫されていない)状態でも発生しているので違う理由のようです。

しえんさんに相談したところ最終的にはコントラストを調整するボリュームが汚れているからと教えていただきました。バックライトやBivertモジュール関係なしにこのゲームボーイはコンストラスト調整がおかしかったようです。白黒画面だと全く気付きませんでした。

コンストラストボリュームに接点洗浄剤を吹いて、ガリガリがなくなるまでボリュームを回していました。2,3回繰り返すことで汚れが取れたのかコンストラストが安定してふわふわ問題が解決しました。

関連記事

この他にもゲームボーイの修理・改造ネタを紹介しております。Tipsをまとめておりますのでこちらのページをご参照ください。