読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Xamarin.iOSで新しいプロジェクトを作成する(Unified API)

Xamarin iPhone C#

過去にXamarin.iOSとXamarin.Macは別々のコードでメンテナンスされていて、さらに64bit対応されていませんでした。それを受けて、2014年9月に品質管理と64bit対応のため統合された「Unified API」が登場しました。過去のものは「Classic API」という位置付けになりました。詳しくはミゲル氏が書かれた下記の記事をご参照ください。

Appleは、2015年2月1日以降 iOS 8と64bit対応されていないiOSアプリの新規申請とアップデートを受け付けないと発表しており、新しく開発が始まるプロジェクトに関しては、今後のことを考えると「Unified API」を使った方が良いでしょう。ただ現時点ではいくつかのXamarin Componentsに登録されているコンポーネントがClassic APIで実装されており、Unified APIプロジェクトでは使えないこともあるので注意が必要です。

本記事では、Xamarin Studioを使ってXamarin.iOSのプロジェクトを作成する方法を紹介します。Xamarin Studioを起動します。

左側に「New Solution...」と書かれたボタンをクリックします。

f:id:ch3cooh393:20141204174906p:plain

新しいソリューションダイアログが表示されるので、左側のリストからC#iOSUnified APIiPhoneSingle View Applicationの順に選択します。任意の名前を入力して、[OK]ボタンをクリックすると新しいソリューション(とプロジェクト)が生成されます。

f:id:ch3cooh393:20141204174930p:plain

関連記事

Xamarin.iOSを使ってアプリ開発する際に逆引きとしてお使いください。