読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Visual Studio 2013向けの多言語アプリツールキット

Visual Studio 2012からWindowsストアアプリとWindows Phoneの多言語対応が楽になるツールが公式で用意されている。

今までのアプリ(WPFとかだと今でもかな)だと多言語対応する際に、言語ごとにリソースファイルを用意する必要があった。

多言語アプリツールキットを使うと、ベースとなるリソースファイル(英語が良いと思う)を作成するとビルドする度に、有効にしている言語のリソースファイルを生成してくれる。

すごい便利なツールなんだけど、ググっても出てくるのはVisual Studio 2012向けの記事ばかりなので、メモ側に書いておく。

ちなみにVisual Studio 2012向けの多言語ツールキットはこっち。

多言語アプリツールキットの使い方はこちらからどうぞ。