読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windows 8.1にアップグレードしてからWindowsストアアプリのリモートデバッグができなくなった

Windows 8.1が出てから「Windowsストアアプリのリモートデバッグができなくなった」と、問い合わせを受けることが増えてきました。

Windows 8.1でリモートデバッグができないのかと言うとそういうことではなく、実際のところは Windows 8.1 Preview から Windows 8(正式版) にアップデートすると、インストール済みのアプリケーションが全て削除されてしまいます。その際、リモートデバッグをおこなうために「Remote tools for Visual Studio 2013」をインストールして、 配置エラー が発生しているとのことです。

結論から言うと、開発PCにインストールしているの Visual Studi と、リモートデバッグのターゲットPCにインストールしている Remote tools for Visual Studio のバージョンを合わせる必要があります。*1

Visual StudioとRemote Toolsの組み合わせ

配置できる

  • 開発マシン
    • Windows (8.0/8.1) + Visual Studio 2012
  • リモートデバッグのターゲットマシン
    • Windows 8.0 + Remote tools for Visual Studio 2012

配置できる

  • 開発マシン
    • Windows 8.1 + Visual Studio 2013
  • リモートデバッグのターゲットマシン
    • Windows 8.1 + Remote tools for Visual Studio 2013

配置できない

最初に説明した組み合わせはこれ。

  • 開発マシン
    • Windows (8.0/8.1) + Visual Studio 2012
  • リモートデバッグのターゲットマシン
    • Windows (8.0/8.1) + Remote tools for Visual Studio 2013

配置できるが Windows 8.0向けストアアプリとして適切ではない

  • 開発マシン
    • Windows 8.1 + Visual Studio 2013
  • リモートデバッグのターゲットマシン
    • Windows 8.1 + Remote tools for Visual Studio 2013

まとめ

Windows 8.0向けストアアプリを開発している場合は、 Visual Studio 2012Remote tools for Visual Studio 2012 で環境を揃えましょう。

Windows 8.1向けストアアプリを開発している場合は、 Visual Studio 2013Remote tools for Visual Studio 2013 で環境を揃えましょう。

Remote Tools for Visual Studio 2012はこちらのリンクから、Remote Tools for Visual Studio 2013はこちらのリンクからどうぞ。

ちなみにSurface RTをWindows 8.1にバージョンアップしてしまうと、Remote tools for Visual Studio 2012がインストールできなくなってしまい、Windows 8.0向けのストアアプリを開発している僕としては、どうしたものかと途方に暮れるしかなかったのです。

おわれ

*1:「2012」とか「2013」とか書いてる部分がVisual Studioのバージョンです。