読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Re:VIEW記法でリスト(ソースコード)を挿入する

ReVIEW記法でリスト(ソースコード)を挿入する方法を紹介します。 ReVIEW についてはこちらの記事をご覧ください。

連番付きリスト

ReVIEW フォーマットのページ」にてReVIEW記法が紹介されています。以下に連番付きリストの記入方法を引用します。

ソースコードリストにはキャプションの付くリストとキャプションの付かないリストがあります。

つまり、下記の通り書きます。

//list[main1][連番付きリストのmain()]{  
int main(int argc, char **argv)  
{  
  puts("OK");  
  return 0;  
}  
//} 

PDFで出力した結果

review-pdfmakerでPDF出力してみました。

f:id:ch3cooh393:20130905004833p:plain

連番なしリスト

以下、引用。

連番つきリストは「//list[識別子][キャプション]{ 〜 //}」で、 連番なしリストは> 「//emlist[キャプション]{ 〜 //}」です。 //emlistのキャプションは省略できます。

つまり、下記の通り書きます。

//emlist[連番なしリストのmain()]{  
int main(int argc, char **argv)  
{  
    puts("OK");  
    return 0;  
}  
//}  

PDFで出力した結果

review-pdfmakerでPDF出力してみました。

f:id:ch3cooh393:20130905004842p:plain

行番号付きリスト

以下、引用。

連番ありのリスト(list)で自動的に行番号がつきます。

つまり、下記の通り書きます。

//listnum[main3][行番号付きリストのmain()]{  
int main(int argc, char **argv)  
{  
    puts("OK");  
    return 0;  
}  
//}  

PDFで出力した結果

review-pdfmakerでPDF出力してみました。

f:id:ch3cooh393:20130905004850p:plain

リストの参照

以下、引用。

「リスト1.5」のような文字列に置換される。

つまり、下記の通り書きます。

上記の連番付きリストの識別子は「main1」です。 
@<list>{main1}と書くことでリストの連番を表示させることができます。
また、行番号付きリストの識別子は「main3」も同じように 
@<list>{main3}と書くことでリストの参照をおこなうことができます。

PDFで出力した結果

review-pdfmakerでPDF出力してみました。

f:id:ch3cooh393:20130905010500p:plain

関連記事

自動組版ツールの「Re:VIEW」について、私が調べたことは以下のエントリでまとめています。ここでのRe:VIEWは「kmuto ReVIEW」で検索されるツールを指します。