読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windowsストアアプリでインストールフォルダのファイルにアクセスする

Windows Store Apps

インストールフォルダ直下に存在しているファイル(ここではtest.pdf)にアクセスします。アクセス方法は、2通りありどちらでもStorageFileオブジェクトを取得することが可能です。

ms-appxスキーマを使って、Uriを指定する方法。StorageFile.GetFileFromApplicationUriAsyncメソッドを使って、Storageオブジェクトを取得します。

var uri = new Uri("ms-appx:///test.pdf");
var file = await StorageFile.GetFileFromApplicationUriAsync(mangaUri);

ついで、Windows.ApplicationModel名前空間のPackageクラスのCurrent.InstalledLocationプロパティでディレクトリを取得し、そこからGetFileAsyncメソッドを使ってStorageFileオブジェクトを取得します。

// using Windows.ApplicationModel;

var file = await Package.Current.InstalledLocation.GetFileAsync(@"test.pdf");

どちらの方法でも目的は達成できます。ファイル保存場所が決めうちの場合は後者を、データ1件毎にディレクトリを作成して、ディレクトリ構造が深い場合は前者を使用すると良いでしょう。

関連記事

WindowsランタイムAPI(Windows Runtime API, WinRT API)を使ってアプリ開発する際に逆引きとしてお使いください。