読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Xamarin Studioを使ってみよう!その2 - Xamarin.MacでHello Worldアプリを作ってみた

開発-C# Mac Xamarin

Xmarin Studioを起動すると、Visual Studioのようにプロジェクトを作成するウィザードが立ち上がる。今回は、Mac用のHelloWorldアプリを作成してみましょう。

Xamarin Studioを起動して、ソリューションから[New]を選択します。

f:id:ch3cooh393:20130308231921p:plain

ウィザードには、Xamarin.MacとMonoMacがあります。

f:id:ch3cooh393:20130308231403p:plain

特集:Macアプリ開発を体験しよう!:初めてのMac向けC#開発環境「Xamarin.Mac」 (1/3) - @IT」によれば、Xamarin.MacはMonoMacの上位互換で使えるAPIが多いようです。安直に使えるAPIは多い方が良いと思ったので、「Xamarin.Mac Project」を選択します。プロジェクトの名前は「HelloWorld」としました。

f:id:ch3cooh393:20130308231930p:plain

[Explore Xamarin.Mac]をクリックすると、ライセンス周りの話が表示されます。

f:id:ch3cooh393:20130308231937p:plain

MainWindow.xibをダブルクリックすると、Xcodeが起動してデザイナー(InterfaceBuilder?)が表示されます。iOSアプリを作る感覚でラベルとボタンをポトペタします。

// WARNING
// This file has been generated automatically by Xamarin Studio to
// mirror C# types. Changes in this file made by drag-connecting
// from the UI designer will be synchronized back to C#, but
// more complex manual changes may not transfer correctly.


#import <Cocoa/Cocoa.h>
#import <Foundation/Foundation.h>


@interface MainWindowController : NSWindowController {
	NSTextField *_Label;
	NSButton *_Button;
}

@property (nonatomic, retain) IBOutlet NSTextField *Label;

@property (nonatomic, retain) IBOutlet NSButton *Button;

@end

いつものように一通りの作業を終えて、Xcodeを閉じると、Xamarin Studio側で「MainWindows.designer.cs」を自動生成します。

// WARNING
//
// This file has been generated automatically by Xamarin Studio to store outlets and
// actions made in the Xcode designer. If it is removed, they will be lost.
// Manual changes to this file may not be handled correctly.
//
using MonoMac.Foundation;

namespace HelloWorld
{
	[Register ("MainWindowController")]
	partial class MainWindowController
	{
		[Outlet]
		MonoMac.AppKit.NSTextField Label { get; set; }

		[Outlet]
		MonoMac.AppKit.NSButton Button { get; set; }
		
		void ReleaseDesignerOutlets ()
		{
			if (Label != null) {
				Label.Dispose ();
				Label = null;
			}

			if (Button != null) {
				Button.Dispose ();
				Button = null;
			}
		}
	}

	[Register ("MainWindow")]
	partial class MainWindow
	{
		
		void ReleaseDesignerOutlets ()
		{
		}
	}
}

ボタンが押されたら、ラベルに「Hello World!!」と表示させます。MainWindowController.csを開いてください。

f:id:ch3cooh393:20130309001430p:plain

イベントハンドラの登録までデザイナーで出来ないかどうかについては、後日調べておきたいと思います。ここではコードで書くことにしましょう。MainWindowController.cs にボタンがクリックされた時の処理を書きます。

		public override void AwakeFromNib ()
		{
			base.AwakeFromNib ();

			Button.Activated += (sender, e) => {
				Label.StringValue = "Hell World!!";
			};
		}

MainWindowController.csの全体版は下記の通り。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using MonoMac.Foundation;
using MonoMac.AppKit;

namespace HelloWorld
{
	public partial class MainWindowController : MonoMac.AppKit.NSWindowController
	{
		#region Constructors
		
		// Called when created from unmanaged code
		public MainWindowController (IntPtr handle) : base (handle)
		{
			Initialize ();
		}
		
		// Called when created directly from a XIB file
		[Export ("initWithCoder:")]
		public MainWindowController (NSCoder coder) : base (coder)
		{
			Initialize ();
		}
		
		// Call to load from the XIB/NIB file
		public MainWindowController () : base ("MainWindow")
		{
			Initialize ();
		}
		
		// Shared initialization code
		void Initialize ()
		{
		}

		public override void AwakeFromNib ()
		{
			base.AwakeFromNib ();

			Button.Activated += (sender, e) => {
				Label.StringValue = "Hell World!!";
			};
		}

		#endregion
		
		//strongly typed window accessor
		public new MainWindow Window {
			get {
				return (MainWindow)base.Window;
			}
		}
	}
}

Xamarin Studioの左上に実行ボタンがあります。クリックしてみましょう。

f:id:ch3cooh393:20130309001310p:plain

実行してみました。なんとC#で書いた(ほとんど何もしてないけど)アプリケーションがビルド後、起動しました!

f:id:ch3cooh393:20130309001324p:plain

Buttonボタンをクリックすると……

f:id:ch3cooh393:20130309001356p:plain

以上で、Xamarin.Macを使ったHell Worldアプリの作り方は終わりです。

追記

後から気付いたんですが、XamarinのサイトにまんまXamarin.Macを使ったHello Worldアプリ相当のチュートリアル「Hello, Mac - Xamarin」があるのに気付きました。