酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windows 8 ストア アプリ開発入門

# 諸事情あってすぐにご報告の記事を書くことができなかったことをお許しください………。

秀和システムさまより2012年10月20日に「Windows 8 ストア アプリ開発入門」が発売されました! かずきさん(id:okazuki)と一緒に書いた書下ろしの一冊です。

サンプルを使って、Windowsストアアプリを作りながら開発テクニックを学習できる開発ガイドです。Windowsストアアプリとは、Windows8で追加された新しいアプリケーション形態です。本書は、Windows ストアでよく見かけるスタンダードなアプリケーションの作り方とアプリ開発ノウハウを解説します。Windows 8を扱う上で必要となる前提知識、Visual StudioやBlendといった開発環境の扱い方、ウェブ上にあるリソースを利用したアプリケーションの作り方、画像の加工方法、加速度センサーやGPS等の位置情報を扱うアプリケーションの作り方など新しいアプリ開発スタイルがマスターできます。サンプルのダウンロードサービス付き。

Windows 8 ストア アプリ開発入門|書籍情報|秀和システム

前作の「Windows Phoneアプリ開発入門」の全てを詰め込んだスタイルと異なり、Windows ストア アプリの開発手順を1から10まで手順付きで紹介しています。

  1. はじめてのWindows ストア アプリ
  2. Windows ストア アプリ開発環境の導入
  3. Windows ストア アプリを作る
  4. RSSリーダー アプリを作る
  5. タブレット対応の画像処理アプリを作る
  6. センサーデバイスと位置情報を活用したアプリを作る

今回のターゲットとしては、今までにWindows ストア アプリの開発したことのない方向けだと考えています。既にアプリ開発してリリースしたことがある方には、知っている要素ばかりで少し退屈かもしれません。

過去にWindows Phoneアプリを開発した経験のある方には、第1章の「Windows ストア アプリとは何か?」と第4章の「ネットワーク上のリソースを使用するRSSリーダーアプリの作り方」を特に読んで頂きたいところです。

ちなみに、Windows 8 ストア アプリ開発入門だけではWindows ストア アプリすべてのノウハウを得ることができません。メトロスタイルデザイン(現:Microsoft Design style)の考え方やアプリのUXの考え方については、同じく秀和システムさまから出版された「Windows8 UI/UXデザイン入門」と合わせて読んで頂きたいと思います。

書店で見かけたら是非手にお取りください。この本をキッカケにしてアプリ開発してみようかな?と考える方が増えて、Windows 8を楽しめるアプリが増えると幸せです。


発売直後は在庫がなくなったようでしたが、現在のところAmazonで在庫があるようですので、ご購入をご検討させている方は下記のリンクからどうぞ。

Windows8ストアアプリ開発入門

Windows8ストアアプリ開発入門