酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

OpenCVをインストールする Windows 8(Release Preview)編

Windows PhoneでOpenCV使えないかなぁーと心の底から思っています。むしろMetroスタイルアプリでOpenCVが使えたら、わざわざWriteableBitmapEffectorなんていうライブラリ書かなかったのに。

それはさておき、以前、iOSでOpenCV使ったときにインストールの仕方について書きました。

iOSはiOS 6とiPhone 5が出てくれば忙しくなりそうですが、しばらくは10月に向けてのWindows 8需要でMBP with RetinaはWindowしか使わなさそうです。そうなるとOpenCVを弄ることができなくて不便ですので、今度はWindows 8でのOpenCVのインストールの手順を書いていきたいと思います。

使ったもの

  • CMake
  • Visual Studio 2012 RC

CMakeのインストール

OpenCVのインストールはMacの時と同様にCMakeを使ってビルドします。

ソースコード形式、バイナリ形式で最新バージョンのCMakeをダウンロードすることができます。僕は素人なので「Windows (Win32 Installer)」を選びました。

インストールを開始します。[次へ]ボタンをクリックします。

[同意する]ボタンをクリックします。

[次へ]ボタンをクリックします。パスを通すかどうか聞かれますので[Add CMake to the system PATH for all users]を選択して通しておきます。[Create CMake Desktop Icon]にもチェックを入れておきます。[次へ]ボタンをクリックします。

インストール先はデフォルトのままにします。

スタートアップメニュー フォルダもWindows 8だったら意味ないような気もするが、デフォルトのままにして、[インストール]ボタンをクリックします。

インストールが開始されます。

以上でCMakeのインストールは終わりです。

OpenCVのインストール

OpenCVは最新のバージョンは軒並み

執筆時点で最新のバージョンは、OpenCV 2.4.2でした。

このOpenCV.exeは自己解凍実行ファイルなので、そのまま実行し、任意の場所へOpenCVのソースコードを展開します。

結構量(約2GB)があるので展開には少し時間がかかります。

解答が終わったあと。

ソースコードのディレクトリと、ビルド後のバイナリが格納されるディレクトリを選択します。Where to build the binariesの欄には、ビルド後のバイナリをどこに保存するか決めます。僕は、デスクトップ上にビルドすることにしました。

C:/Users/{User Name}/Desktop/opencv_build

[Configure]ボタンをクリックします。

ビルドに使用する開発環境に「Visual Studio 11」を選択します。Visual Studio 11は、Visual Studio 2012の開発コードです。[Finish]ボタンをクリックすると、コンフィギュレーションを解析します。

「WITH_BB」にだけチェックを入れます。

[Generate]ボタンをクリックします。


終わりです。