酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windows Phoneでローカライズ(多言語対応)用の文言リソースを追加する

Windows Phone Advent Calendar "ひとり" 2011」第15日目です。

大したネタも用意出来ていませんのでローカライズに関してです。「StringsResource.{言語}-{国}.resx」というファイル名の文言リソースファイルを用意して、言語によって異なる表示をさせたい場合があります。

下記コードの System.Globalization.CultureInfoクラスのCurrentUICultureプロパティで表示に使用しているカルチャー名が取得できます。

var name = System.Globalization.CultureInfo.CurrentUICulture.Name;

一通り使用する分のコードをまとめてみました。

言語 UIカルチャ名
英語(米国) en-US(指定なし)
日本語 ja-JP
韓国語 ko-KR
フランス語 fr-FR
繁体中国語 zh-TW
ドイツ語 de-DE

ちなみに「StringsResource.ko-KR.resx」というファイルを追加しても韓国語対応したことにはなりません。csprojファイルをテキストエディタで開いて頂き、以下の言語設定を追加しています。

<SupportedCultures>ja-JP;de-DE;ko-KR;fr-FR;zh-TW;</SupportedCultures>