読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

iアプリのフレームワーク「Mokit」を試してみた

雑記

sourceforgeでiアプリ(DoJa)向けのフレームワークを探したら、数件しか引っかかりませんでした。中でも携帯アプリ開発フレームワークMokitをバージョンアップしました。 - プログラミングノートで公開されている「Mokit」が一番良さそうだったので試してみました。

Mokitがサポートしている機能としては以下のものがあります。

  • キャンバス関連ラッパ
  • フォント/グラフィック関連ラッパ
  • HTTP通信
  • スクラッチパッド/レコードストアの利用
  • サウンドの再生
  • 各種ユーティリティ

実際に「Mokit」付属のサンプルアプリをシミュレータで動かしてみました。ご覧ください。ゲームアプリでしたらそのままでも使えそうです。

リリースバージョンにはありませんが、SVNの最新リビジョンにはCanvasベースの自前Controlが存在しており、ScrollBarなどを追加で実装する必要はありそうですが、軽めの業務系アプリでもそのまま使えそうですね。

この方のHTTP通信についてのノウハウは、本当に助かりますね。しかし、iアプリは予想以上に制限が多い……。

HTTP通信を実装する - プログラミングノート
HTTP通信を実装する2 - プログラミングノート