酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Arduinoを使ってLEDチカチカとシリアル通信をさせてみた

購入した経緯については「大人の科学マガジンの付録に8ビットマイコンの「Arduino」が付いてきたよ! - 酢ろぐ!」をご覧ください。

さっそくスケッチ(Arduinoで言うところのプログラム)を書いてみたいと思います。本に書いている通りIDEを導入しました。スプラッシュがカッコいい気がする

今までのこの手の基板のIDEは小難しくて、基板にバイナリを書き込むのすらハードルがありました。設定が豊富で色んな構成に対応してるのは判りますが、あまりとっつきやすいとは言えませんでした。ArduinoのIDEはこんな感じです。

超シンプル!

検証(コンパイル)→書き込むボタンを押すだけで難しい設定いらず。嬉しいですね。

早速、多分この世界でのHello WorldであるをLEDチカチカさせるスケッチを書いてみました。

// LED connected to digital pin 13
int ledPin =  13;

void setup()
{
  pinMode(ledPin, OUTPUT);
}

void loop()
{
  digitalWrite(ledPin, HIGH);
  delay(200);
  digitalWrite(ledPin, LOW);
  delay(200);
}

LEDピンを200ms毎にHIGHとLOWを切り替えています。HIGHになっている間はLEDが点灯して、LOWにするとLEDが消灯します。それを繰り返して点滅してるように見えます。