酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windows Phone 7 Series Programming Model

MIX 2010で発表のあったWindows Phone 7 Series。今まで不満だった有料の開発環境も、Visual Studio 2010 Express Editionとセットで無料にて提供される事になりました。

Windows Formベースの.NET Compact Frameworkとネイティブコードの非対応で、今までWindows Mobileの開発をしていた人間涙目です。(←ここ重要)

以下、中の人がブログ*1に書いてたWindows Phone 7 Seriesについてです。

Managed only

Windows Phone 7 Seriesは、マネージドコードのみの対応になります。ネイティブコードは非対応です。

どんなネイティブAPIやP/Invokeを使ってネイティブコードやシステムコードをを扱う事は出来ません。

Two Flavors of applications (XNA and Silverlight)

Silverlightと標準化されたハードウェア・デバイスによって、今まで以上に労力を少なくユーザービリティに優れたイマドキのアプリケーションを作成する事が可能となりました。

またハイパフォーマンスの要求されるゲームについては、X-Box 360やZuneと互換性を持ったXNAを使う事が出来ます。

残念ながら、Windows Formベースの.NET Compact Frameworkは非対応です。

Core Runtime is .NET Compact Framework 3.7

XNASilverlightも.NET Compact Frameworkのランタイム上で動いています。.NET Compact Frameworkは、高機能なモバイル用フレームワークで容量を必要とせずコンパクトに実装されています。

将来的にはデスクトップ版の.NET FrameworkCLRと同等のものとしたい。

*1:http://blogs.msdn.com/abhinaba/archive/2010/03/13/windows-phone-7-series-programming-model.aspx