酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

Windows MobileアプリにOpenNETCF Smart Device Frameworkを導入する

OpenNETCFといえば、マネージコードから簡単に各種デバイスを扱いやすくしたクラスライブラリの Smart Device Framework が有名です。詳しくはこちらのページで説明しています。

日本のMSDNフォーラムでは名前を見かける事はあまりありませんが、米国のフォーラムでは「それOpenNETCFで出来るよ!」の様によく見かけます。高橋忍さんがOpenNETCFをまとめるために予算を組みたい……とMSDNフォーラムへ投稿されていたので、そのうちひょっこりと日本語の情報が出てくるかもしれません。

さて、今回はフリーのCommunity Editionを導入してみましょう。非常に簡単ですが、順に追っていきましょう。

Smart Device Frameworkのインストール

http://www.opennetcf.com/Products/SmartDeviceFramework/tabid/65/Default.aspxにアクセスします。

「Download the Community Edition (Free) 」からダウンロードします。圧縮ファイルで提供されていると思いますので、任意のフォルダに解凍し、「SDFCommunity.exe」を実行します。

Continueを押下します。

「I accept the agreement」にチェックをつけ、Continueを押下します。

「User Name」と「Company Name」に適切な名前を入れ、Continueを押下します。

インストール先のフォルダを指定します。ここでは「C:\Program Files\Smart Device Framework」へインストールする事にして、Installを押下します。

インストールを行っています、しばらくお待ちください。

Doneを押下してインストーラを終了させます。

Smart Device Frameworkの使い方

適当なスマートデバイスプロジェクトを作成した後に、参照の追加から「C:\Program Files\Smart Device Framework\Bin」にある各種dllを参照する事で、Smart Device Frameworkが使用できる様になります。

関連記事

Windows Mobile(.NET Compact Framework)を使ってアプリ開発する際に逆引きとしてお使いください。