読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

C#を使って楽天証券のMarketSpeedへの自動ログイン機能を作る

C#

楽天証券が提供しているMarketSpeedへの自動ログイン機能をこしらえてみました。とりあえず動いているみたいなので公開ω(゚ω゚)ω カパー

テキストボックスに文字列を入力させたかったんだけど、どうやって良いのかがよくわからなくて悩んじゃって、このコードを書くのに2日も掛かっちゃったんですよ。

下記のソースコードの`ゆーざーID`と`ぱすわーど`の部分には、各自皆様のマケスピが利用可能なアカウント情報を入力してください。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using System.Runtime.InteropServices;
using System.Threading;

namespace Win32Api_test
{
    class Program
    {
        [DllImport("User32.dll", CharSet = CharSet.Unicode)]
        static extern IntPtr FindWindow(string lpszClass, string lpszWindow);

        [DllImport("User32.dll", CharSet = CharSet.Unicode)]
        static extern IntPtr FindWindowEx(
            IntPtr hwndParent, IntPtr hwndChildAfter, string lpszClass, string lpszWindow);

        [DllImport("User32.dll")]
        static extern IntPtr GetWindow(IntPtr hWnd, Int32 uCmd);

        [DllImport("user32.dll", CharSet = CharSet.Auto, SetLastError = false)]
        static extern IntPtr SendMessage(IntPtr hWnd, UInt32 Msg, IntPtr wParam, String lParam);

        [return: MarshalAs(UnmanagedType.Bool)]
        [DllImport("user32.dll", SetLastError = true)]
        static extern bool PostMessage(IntPtr hWnd, UInt32 Msg, Int32 wParam, Int32 lParam);

        const uint WM_SETTEXT = 0x000C;
        const uint WM_LBUTTONDOWN = 0x201;
        const uint WM_LBUTTONUP = 0x202;

        const int GW_HWNDNEXT = 2;

        static void Main(string[] args)
        {
            // Market Speedのログインダイアログを探す
            IntPtr h = FindWindow(null, "Market Speed - ログイン");

            // ユーザーID入力欄に入力する
            IntPtr h2 = FindWindowEx(h, IntPtr.Zero, "Static", "ログインID");
            IntPtr h3 = GetWindow(h2, GW_HWNDNEXT);
            SendMessage(h3, WM_SETTEXT, IntPtr.Zero, "ゆーざーID");

            // パスワード入力欄に入力する
            IntPtr h4 = FindWindowEx(h, IntPtr.Zero, "Static", "パスワード");
            IntPtr h5 = GetWindow(h4, GW_HWNDNEXT);
            SendMessage(h5, WM_SETTEXT, IntPtr.Zero, "ぱすわーど");

            // "OK"ボタンを押下する
            IntPtr h6 = FindWindowEx(h, IntPtr.Zero, "Button", "OK");
            PostMessage(h6, WM_LBUTTONDOWN, 0, 0);
            PostMessage(h6, WM_LBUTTONUP, 0, 0);

            // ここでウェイトが必要 
            Thread.Sleep(1000);
        }
    }
}

追記(2011-07-24)

上記のコードを参考に良いものにして下さった方がいるようです。このエントリを見られた方は、ハッピー・プログラミング:Market Speedの自動ログインツールの方を参考にして頂ければと思います。