読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

BREWプログラミング入門(2) BREW SDKのインストール

通常BREWプログラミング入門の記事ですと、アプリケーションの作成に当たってBREWの概念等の説明があるものですが、それはのちほど説明致します。

まずはBREW SDKをインストールし、実際に動くBREWアプリケーションを作成してみましょう。

BREW SDKをインストールする

では早速BREW SDKをインストールします。

日本語ドキュメント付きの最新バージョンは現時点(2008/01/04)で「BREW SDK 4.0 (4.0.0.22)」です。日本語版は2006/11/17にリリースされたかなり古いバージョンの為、日本語版APIリファレンスを読む必要の無い方は、英語版をお使い頂く方が良いと思われます。

https://brewx.qualcomm.com/brew/sdk/download.jsp?page=dx/ja/4.0のページににアクセスします。

20080104_brew01_01

BREW SDK 4.0 (4.0.0.22)を任意のフォルダにダウンロードします。 ダウンロードした BREWSDK400JA.exe を実行します。

[次へ]を選択します。

[はい]を選択します。

[次へ]を選択します。

インストールするフォルダを選択します。[次へ]を選択します。

[次へ]を選択します。

環境設定を行います。[次へ]を選択します。

[完了]を選択します。

以上でBREW SDKのインストールは完了です。

関連記事