酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

C#を使ってVisual SourceSafeを操作しよう その2

C#を使ってVisual SourceSafeを操作しよう その1 のつづきです。C#からVSSを操作する手段は、ぱっと思いつく限りで3通りあります。

  1. VSSをコマンドラインで呼び出し、別プロセスで動かす
  2. バッチファイルを作成して、コマンドプロンプトを別プロセスで動かす
  3. COMを利用してVSSを操作する

今回はお手軽に出来る(1)の方法を試してみました。

private void GetLatestProject()
{
    Process myProcess = new Process();

    // 環境変数を設定する
    myProcess.StartInfo.EnvironmentVariables.Add("SSDIR", "\\\\server\\$hoge");
    myProcess.StartInfo.EnvironmentVariables.Add("SSUSER", "user_id");
    myProcess.StartInfo.EnvironmentVariables.Add("SSPWD", "password");

    myProcess.StartInfo.FileName = "ss";
    myProcess.StartInfo.Arguments = "get \"$/Wankuma\" -R -I-Y -GL\"C:\\develop\\testvss\"";

    // 環境変数を使うのでfalseを設定する
    myProcess.StartInfo.UseShellExecute = false;

    // プロセスを開始して終了するまで待つ
    myProcess.Start();
    myProcess.WaitForExit();
}

これでVSSの任意のプロジェクトから最新のソースコードを落としてこれるはずです。

関連記事