酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

freetel KATANAの名前から超薄型ケータイのことを思い出した話

さて、日本にWindows Phoneが4年ぶりに再上陸してからはや3ヶ月が経ちました。僕自身この間どたばたしていたのもあって本当にあっという間でした。おでコンにも参加できずじまいでした。

Windows 10 Mobileが控えているのもあってかWindowsケータイ建立の機運が高まっています。僕の周辺だけでいうと8割くらいはMADOSMAユーザーということで日々偏りを感じています。

マウスコンピューター(以下MCJ)とfreetelがほぼ同時のタイミングでWindowsケータイへの参入を発表して、おでさんを中心に心ウキウキしていたのを覚えています。結果としてはMCJはWindows Phone 8.1を搭載したMADOSMAを先行して発売したことでfreetelよりも先んでる形になりました。

対してfreetelはWindows 10 Mobileの正式リリースを待つこととなり、当初Windows Phone 8.1搭載予定であった「Ninja」は発売されずじまいでした。代わりに出てきたのが「freetel KATANA」です。KATANAの詳しい情報はおでブログに任せることにします。

さて、今日の話題はその「freetel KATANA」のKATANAの部分の話をしたいと思います。

その昔、新機種が出るごとにケータイの乗り換えていたミーハーの僕にはKATANAという名前には懐かしいものを感じました。

そうです、2006年にSanyoから出ていた「Sanyo Katana」(SCP-6600)です*1

f:id:ch3cooh393:20150909021532p:plain

当時、ケータイといえば高スペック化戦争真っ盛りで、デバイスそのものも高性能なチップセットとバッテリーを載せるために大きくなる傾向にありました。その流れに逆らってヒットしたのが超薄型ケータイのシリーズです。限界まで薄くしたケータイには刃を彷彿をさせる名前が付けられていました。

超薄型ケータイ人気の流れを作ったのが2004年に発売された「Motorola Razr」でした*2。爆発的なヒットだったのは知っているんですけれど、調べてみたらiPhone 3Gが登場するまで3年間王座を守り続けたというくらいの人気っぷりだったようです。

f:id:ch3cooh393:20150909023242p:plain

2005年に発売された「Samsung Blade」(SPH-A900)なんかもその系譜ですね*3

f:id:ch3cooh393:20150909022112p:plain

英語でブレードというとというよりもヘリコプターのプロペラみたいな薄い板状のものを指したりするんですけれど、Razrからの流れを考えるとこの場合は刃(もしくは刀剣)としてのブレードを指すんだと思います。

最近ではSamsungはBladeをリスペクトしているのか「Galaxy Note edge」や「Galaxy S6 edge」といったスマートフォンを出していますね。こっちは薄いというより両端の先端(エッジ)を強調した名前かもしれませんが。

そして完全に初耳だったのが、Twitterで教えてもらったSHARPのノートパソコン「メビウス」です。かつてはCMをバンバンやってましたが、2010年以降SHARPはノートパソコンを作らなくなってしまってから名前を聞かなくなっちゃいましたね。

メビウスにはいろんなシリーズがあるのですが、なかでも2001年発売のMT・MMシリーズは通称ムラマサ*4と呼ばれているみたいです。実物を見たことはないのですが、やはり薄型が特徴だったようです。

刀や刃を連想させるものは「薄型」を連想させ、カタナやムラマサといったSAMURAIにまつわるものは「高品質な日本製品」を連想させるのでしょう。バイクの「Suzuki Katana」は後者を連想させるネーミングですよね。

ここまでズラズラとKATANAから超薄型ケータイについての話を書いてきたわけなんですが、「freetel KATANA」のKATANAに込められた意味は「薄型」でなく「高品質な日本製品」の方でしょうね。

この記事ほ出だしの部分から引用します。

世界における日本の製品への信頼度の高さ、日本の物作りの素晴らしさに対する理解度は、まだまだ強いものがある。そこで、日本で設計し製造した製品を世界に向けて発信し世界一を取る、そういう理念を持ってプラスワン・マーケティングを設立したそうだ。

かつてのSanyo KATANAのように、世界の人たちがfreetel KATANAを使って「KATANAイイね!」と言ってるのを想像すると嬉しくなっちゃいますね。

あと、どうでも良い話なのでここだけの話にして欲しいのですが、いままでメーカー名がfreetelだと思っていました。

*1:Google画像検索 https://www.google.co.jp/search?q=Sanyo+Katana&source=lnms&tbm=isch&sa=X より

*2:Google画像検索 https://www.google.co.jp/search?q=Motorola+Razr&source=lnms&tbm=isch&sa=X より

*3:Google画像検索 https://www.google.co.jp/search?q=SPH-A900&source=lnms&tbm=isch&sa=X より

*4:徳川家康が嫌ったと言われていてRPGにはよく妖刀としてでてくる村正に由来。

【2015/8/31まで】Windows Phoneアプリ開発者は無料でXamarinのライセンスがもらえるよ!

C#でiOSやAndroidのアプリを開発できる「Xamarin」のライセンスを無料で入手できるキャンペーンをやっているようです。

Xamarinの代理店エクセルソフトの田淵さんのブログによると……

2015/8/17 以前に公開された Windows Phone アプリ個人開発者に無料の Xamarin Business ライセンスが提供されます! Windows Phone 7 アプリはダメよ。とかは書いていないのでワンチャンあるで!!

とのこと。いままでにWindows Phoneアプリを公開したことのある方にワンチャンみたいですよ。応募に関しての要件に関してはブログを参考にしてください。

ytabuchi.hatenablog.com

Xamarinはもともと無料で利用できるのですが、無料で使えるエディションは(個人的には)サイズの制約が厳しいので、ライセンスをゲットしてXamarinの本領発揮を味わってほしいです

おでコンで早期申請していた方にも朗報!

また、Windows Phoneアプリコンテストの「おでコン」に8/17以前に応募している方は対象になると思いますので、Xamarinライセンスをもらっちゃいましょう。

odecon.azurewebsites.net

ついに @od_10z から開催予告が出ました!非公式Windows Phoneアプリコンテスト「おでコン」開催です!

日本でWindows Phoneを盛り上げようと、おでさん(@od_10z)個人でアプリコンテストを開催することになっていたのは記憶に新しいですが、ついにスケジュールやコンテストの審査基準などが発表されました。

まだ予告時点の正式なものではないとしながらも詳細まで詰めており、今後予定はブレなさそうな感じがします。

スケジュール的には、8月末までアプリの受付9月中旬に受賞作品の発表とのことなので、おでさんと一緒にWindows Phoneを盛り上げていきたい方々は是非ご参加ください。

このコンテストの攻略方法としては、日本でのWindows Phoneの知名度向上のために活動しているおでさんが主催ということで、趣味に走ったアプリよりも「毎日使ってしまう/使いたい普段使いに適したアプリ」が評価が高いのかもしれません。知らんけど。

あくまでも個人で開催するコンテストなので、あまりおでさんにプレッシャーがかからないようにしてあげてくださいね。

それでは、よろしくお願いします。

Lumia 636が届きました!

本日、帰宅すると香港からの荷物が届いていました。

4/11の晩に注文してから4日で届きました。前回HTC 8Sを買った時には翌々日には届いていたので、今回はちょっと時間が掛かりましたね。

HTC 8Sの時もLumia 800のように高級感漂うハイエンドなパッケージではなかったと書いた記憶があるのですが、Lumia 636もそれよりも安っぽいパッケージのような……廉価モデルだから仕方がないのかもしれない……

f:id:ch3cooh393:20150415220605j:plain

スライドさせると本体が出てきます。

f:id:ch3cooh393:20150415220622j:plain

Lumia 636の充電口は底面、イヤホンを刺す口は天面のスタンダードな構成です。

f:id:ch3cooh393:20150415220632j:plain

蛍光灯の下でiPhoneのカメラではオリジナルの色合いを撮るのが難しいのですが、かなりドギツイ蛍光オレンジです。街中で持っていたらすごい目立ちそう。ピンクがあればよかったのになぁ。

f:id:ch3cooh393:20150415220648j:plain

電源ボタンを頑張って押しても何度押してもディスプレイがつきませんでした。バッテリーを装着するために、背面ケースを脱がしているところです。

f:id:ch3cooh393:20150415220708j:plain

(中文の種類がやたらあったのが気になりますが)なんと日本語がプリインストールされているみたいでした。これは嬉しかったです。

f:id:ch3cooh393:20150415220726j:plain

起動直後のホーム画面。謎のアプリがいくつかインストールされていました。

f:id:ch3cooh393:20150415220744j:plain

さて、Lumia 640が発売間近な今、Lumia 636に手を出したのは「Windows 10 for PhonesのTechnical Preview」をインストールするためです。時間を見つけて触っていきたいですね。

ななふぉ管理人の「スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件」が3月12日に発売されるそうです

最近更新されなくて寂しい「ななふぉ」ですが、最近はななふぉ管理人のつやつやさんこと山口健太さんが活動の場を週アスに移されたのか「Windows情報局ななふぉ出張所」で連載されています。

国内唯一のWindows Phoneジャーナリストと呼ばれる*1山口健太さんの3/12に本を出されるそうです。

スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件

スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件

  • 作者: 山口健太
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2015/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

「○○な件」なのでラノベを思わせるタイトルですが、きっとWindows Phoneにも触れてくれるはず。予約して待ちましょう。

追記

Windows PhoneジャーナリストではなくてITジャーナリストでした。

*1:自称?

マウス、Windows Phone出すってよ

今朝一番にWindows Phoneのニュースが飛び込んできました。

マウスコンピューターがWindows Phoneベースのデバイス開発契約を締結して、Windows Phone ベースのデバイスの開発に着手しているということです。

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下「マウスコンピューター」)は、Windows Phone ベースのデバイス開発契約を締結し、Windows Phone ベースのデバイスの開発に着手していることをお知らせいたします。

弊社では、マイクロソフトの一つの Windows で幅広いデバイスをサポートするという取り組みを強く支持しており、従来のデスクトップパソコン、ノートパソコンに加え、ワークステーション、タブレットパソコンなど、製品カテゴリを拡充して参りました。新たに、今後さらなる需要の拡大が見込まれております Windows Phone をベースとした製品を最新ユビキタス端末としてラインナップ化することにより、いつでもどこでも、ネット上の動画や音楽コンテンツの視聴、ウェブブラウジングや、オフィスソフトウェアが同じ OS プラットフォーム上にて実現し、需要の拡大を図っていきます。

なお、現時点では LTE 対応 SIM フリーを予定しております。詳細な製品構成や販売時期につきましては、改めて後日発表させていただきます。

Windows Phone 「ベース」のデバイスということでFZ-E1(Windows Embedded 8.1 Handheld)なのか、Windows 10の電話なのかが気になるところですね。

f:id:ch3cooh393:20150223141312j:plain

先人たちがFZ-E1を指して「それは電話というにはあまりにも大きすぎた。大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた。それはまさに鉄塊だった」という言葉を残したこともあるように、FZ-E1を普段使いするには厳しいです。

普通の電話サイズで日本国内で気兼ねなく使えるWindows Phoneが出るのは今から楽しみですね。

追記(2015/2/23 18:20)

この時期からWindows Phone OS 8.1を採用するとは考え難い*1ので、Windows 10 for Phoneは確定かもしれませんね。

*1:でも当初はWP8.1として出してWin10リリース後にアップデートで対応は有り得るかも

WindowsストアアプリとWindows Phoneアプリをひとつに統合できる「ユニバーサルWindowsアプリ」について

2014年4月、「BUILD 2014」で「Visual Studio 2013 Update 2」のRC公開と共に「ユニバーサルWindowsアプリ(universal Windows apps)」とWindows Phone 8.1が発表されました。 ユニバーサルWindowsアプリ(以下、ユニバーサルアプリ)とWindows Phone 8.1の登場によって、WindowsストアアプリとWindows Phone 8.1アプリのコードの共有について、もう一歩踏み込むこととなりました。

従来のWindows Phone 8.0では、Windowsと同様のWindows NTベースのカーネルを採用しており、一部のWinRT APIは使用することができました。共通のAPIがあることによって、WindowsストアアプリとWindows Phoneアプリ間で部分的にですがコードの共有化が可能でした。

ユニバーサルアプリでは、WindowsストアアプリとWindows Phoneアプリとを統合して、Windowsストア上で「ひとつのアプリ」として扱うことができるようになりました。

例えば、Windows用のアプリを購入すると、同一タイトルのWindows Phone用アプリを別途購入せずに使えたり、アプリ内で使用するデータやファイル、設定などのユーザーデータをローミングで共有したりと、ユーザーの視点では同じアプリがマルチプラットフォームで動いているように見えるようになりました。

ただ、実際には画面サイズが狭くデザインやデバイス的な表現が限定されるスマートフォンアプリと、それに比べると比較的表現が自由なWindows用アプリとでは、最適なUIはどうしても異なってしまうため、UIやロジックまで含めて同じアプリ(バイナリ)というわけにはいきません。同じデータソースを表示するにしても、下図のようにそれぞれのプラットフォームでの最適な表現は異なります。

f:id:ch3cooh393:20150302164534p:plain

ユニバーサルアプリでは、基本的にページなどのWindowsとWindows Phoneのプラットフォーム固有の部分は別々のプロジェクトを作成し、それぞれのアプリプロジェクトからはプラットフォームに依存しないコントロールやロジックを共有したプロジェクトを使う形になります。

ユニバーサルアプリにおけるコードの共有

ポータブルクラスライブラリ(Portable Class Library)」にて、マルチプラットフォーム対応のアプリでのソースコードの共有の方法として、「[リンクとして追加]によるコードの共有」や「ポータルクラスライブラリのプロジェクト共有」について紹介をしました。

ここでは、ユニバーサルアプリでのソースコードの共有について、プロジェクトの生成からソリューションの構成、そしてシミュレータでの実行結果を紹介します。

まずは、Visual Studio 2013 Update2以降で、[新しいプロジェクトウィザード]を使ってユニバーサルWindowsアプリのプロジェクトを作成してみましょう。

テンプレートツリーから[テンプレート]、[Visual C#]、[ストアアプリ]の順に選択します。テンプレートの一覧が表示されますので、「ハブ アプリケーション (ユニバーサル アプリ)」を選択します。

f:id:ch3cooh393:20150302164611p:plain

[OKボタン]をクリックすると、下図のソリューションの構成でプロジェクトが生成されます。全部で3つのプロジェクトが確認できます。

f:id:ch3cooh393:20150302164636p:plain

「UniversalApp」という名前のアプリのプロジェクトが、それぞれWindows 8.1用とWindows Phone 8.1用のプロジェクトが生成されています。それぞれのプロジェクトにはページを定義したxamlである「HubPage.xaml」「ItemPage.xaml」「SectionPage.xaml」があり、UIがプラットフォームによって異なっていることが理解できます。

それらのプロジェクトの下にある「UniversalApp.Sharedプロジェクト」がユニバーサルアプリのキモと言える「共有プロジェクト(Shared Project)」です。DataModelフォルダには「SampleDataSource.cs」があり、これがアプリで表示させるデータソースです。Windows 8.1用アプリとWindows Phone 8.1用アプリは、共有プロジェクトにある同じデータソースクラスにアクセスして、データをUIへ表示させています。

下図のようにWindowsストアアプリとWindows Phoneアプリのソースコードのうち、それぞれのプラットフォーム固有の処理(例えばWindows.Phone.UI.Input名前空間のハードウェアキー押下イベントなど)やスマートフォンとタブレットPCとの用途の違いで見せ方が異なるXAMLなどを除いて共有プロジェクトでコードを共有化することができるようになりました。

f:id:ch3cooh393:20140422170645j:plain

ポータルクラスライブラリでは扱えなかったWindowsランタイムAPIやUIなどの共有化が可能となっているのが分かります。

どうしてこのようなことが可能になったかというと、前述した通りWindows Phone 8からWindows Phone OSのカーネルをWindows CEベースのものからWindows NTベースのものに置き換わり、それに伴って.NETエンジンも「.NET Compact Framework」から「CoreCLR」に置き換わったからです。

CoreCLRは、Windows 8/Windows 8.1で使われている.NETエンジンと同じものです。そのため、Windows Phoneアプリからも(Windowsストアアプリで使うことができる)Windowsランタイムのサブセットを使用することができるようになりました。Windows Phone 8.1でさらに使用できるAPIが増え、WindowsランタイムAPIのほとんどが網羅されています。

さて、これらのアプリをデバッグ実行してみましょう。まずはユニバーサルWindowsアプリをWindowsストアアプリとして実行します。デフォルトのスタートアッププロジェクト設定がWindowsストアアプリになっているので、Visual Studioのツールバーから[デバッグ]、[デバッグ開始]の順に選択してアプリを実行します。

f:id:ch3cooh393:20150302164738p:plain

次にWindows PhoneアプリとしてユニバーサルWindowsアプリを実行してみましょう。ツールバーにあるターゲット設定の下矢印になっている部分をクリックして、「スタートアップ プロジェクト」、「UniversalApp.WindowsPhone (Windows Phone 8.1)」を選択します。

f:id:ch3cooh393:20150302164802p:plain

スタートアッププロジェクトがWindows Phoneアプリ側に切り替わりますので、先ほどと同じ要領でVisual Studioのツールバーから[デバッグ]、[デバッグ開始]の順に選択するかまたはF5キーを押下してアプリを実行すると、Windows Phone 8.1エミュレータが起動します。

f:id:ch3cooh393:20150302164826p:plain

このようにユニバーサルアプリでは共有プロジェクトを使うことで、WindowsランタイムAPIを使って記述されたロジックを再利用して、WindowsストアアプリとWindows Phoneアプリの開発を効率化することができるようになりました。