読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

バージョン0.2 PreviewになったWindows Bridge for iOSを使ってみた

唐突にWindows Bridge for iOSのことを思い出しました。 Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsで使えるようにするプロジェクトの名称です。 Build 2015で発表された当時、Project Islandwoodと呼ばれていました。2015年8月にW…

「Windows Bridge for iOS」でGame Technologyを使ったiOSゲームプロジェクトを変換できるのか試してみる

Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 結論を先に書くと、Game TechnologyにSceneKitを使ったGameプロジェクトはSceneKit自体が未サポートで変換で…

Windows Bridge for iOSで表示できるUIコントロールを調べてみた

Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 iOSではUISwitchやUIButtonなど標準のUIコントロールが用意されています。これらのUIコントロールはそのまま…

「Windows Bridge for iOS」でUITableViewを使ったiOSアプリを変換できるのか試してみる その2

Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 UITableViewを使ったサンプルアプリをWindows Bridge for iOS SDKで変換して、きちんとWindows側で再現でき…

Windows Bridge for iOSではUISplitViewControllerを使うと画面が表示されなくなるようです

Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 先日、storyboardで定義したUITableViewControllerのプロジェクトを変換して、Windows側で実行するとなぜか…

「Windows Bridge for iOS」でUITableViewを使ったiOSアプリを変換できるのか試してみる

引き続きWindows Bridge for iOSネタです。 Windows Bridge for iOSは、Objective-Cで書かれたiOSアプリをWindowsアプリに変換するソリューションです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。 さて今回は、UITableViewを扱えるのかを試してみたいと思います…

機能強化された「Windows Bridge for iOS」でiOSアプリをWindowsアプリに変換してみる

「Windows Bridge for iOS」が機能強化されたという情報が入ってきました。新しいバージョンではAutoLayoutに対応したようです。 iOS用Windowsブリッジチームはこのほど、CoreFoundationの正式な実装をWinObjCコードベースに統合し、完全なCoreFoundation及…

Objective-Cで書かれたXcodeプロジェクトをWindows 10で動かす「WinObjC」のプレビュー版がでました

Objective-CやJavaで書かれたiOSアプリやAndroidアプリをWindows 10で動かすためのWindows Bridgeプロジェクトがあります。ワシントン州の地名をとったコードネームでそれぞれ「Project Islandwood」「Project Astoria」と呼ばれていました。 https://dev.wi…