読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酢ろぐ!

カレーが嫌いなスマートフォンアプリプログラマのブログ。

日本史

「全国国衆ガイド 戦国の‘‘地元の殿様’’たち」を買った

だるさん(id:daruyanagi)がこんなことを言っていました。 「全国国衆ガイド」、酢酸先生とか好きそう— だるみこ (@daruyanagi) 2016年5月11日 大名ガイドならぬ国衆ガイド! 「こりゃあえらいものが出てたんやなぁ」と早速Amazonでポチりました。 全国国衆ガ…

東京・深大寺城址に行ってきました

住まいを東京東部から東京西部に移してはや3年。生活圏が千歳烏山〜つつじケ丘になってからは深大寺によく行きます。つつじヶ丘駅からだとバスで1本で行き来できるのでとても楽です。 深大寺の近くは散歩に向いているというのと、ドックランもあって犬を連れ…

長野・梅津城址(松代城址)に行ってきました

飯山城が上杉謙信の前線基地だとすれば、梅津城は武田信玄の前線基地です。戦国時代が終わり、江戸時代になると松平忠輝が入封しますが、松平忠輝は早いうちに改易されてしまい、高島城に監禁されてしまいます。 その後、真田幸村(真田信繁)の父の真田信之が…

長野・飯山城址に行ってきました

松本からはそこそこ離れている飯山市に来ました。城山公園(じょうやまこうえん)に来ました。兵庫県にある城山城(きのやまじょう)とは同じ字で読みが異なります。というか日本に「城山」という地名が多い…… 武田信玄と上杉謙信との争いの謙信(越後側)の前線基…

長野・上田城址に行ってきました

ずいぶん前に行った長野旅行のことを書き忘れていました。 長野の上田城に行ってきました。(あとで追記することがたくさんあります。) 仙石秀久三男の仙谷忠政が廃城だった上田城を再建しました。 二ノ丸入り口 真田井戸 西櫓 下から見た上田城。

長野・高島城に行ってきました

祝日とその翌日を合わせて飯山市まで出掛けています。夜行で出発したら3時半に高島城に着いたので2時間ほど駐車場で寝ていました。若干太陽が昇りかけてきていますね。 高島城は諏訪湖に突き出して築城された要衝です。日根野氏によって築城されて、その後諏…

横浜・山下公園にビールを飲みに行ったら氷川丸と護衛艦いずもがいた話

オクトーバーフェストに行きましょうって誘われたので、山下公園(元町・中華街)に行ってきました。大体1時間40分〜2時間くらいの道のりでした。乗り換えがスムーズならもっと早いと思います。 山下公園に着くとワールドフェスタなるものがやっていました。 w…

戦国時代から現代に続く名家・岡部氏

岡部氏といえば今日まで岸和田だんじり祭を開催するキッカケを作った大名でもあります。先日、岸和田城に行ってきたことを書きました。 岡部氏の始祖 岡部氏といえば先ほども書いた通り岸和田藩主ですね。さすがに毛利宗家などの大大名とは違い、和泉国岸和…

大阪・岸和田に行ってきました - 岸和田城

プロジェクトが現在進行中で一区切りとはほど遠いんだけど、少し遅い盆休みですがお休みを頂けたので実家に帰っていました。 2年前のエントリでこんなことを書いていました。 夏休みの自由研究をしておかないとぬま先生に怒られると思ったので、ありがちなテ…

茨城・水戸に行ってきました(1) - 水戸城址

水戸まで来たのは別件のついでなのですが、久しぶりに城郭を見にきました。名城100選のうち14番の「水戸城」です! 水戸城は、那珂川(なかがわ)と千波湖(せんばこ)に囲まれた天然の要塞です。いまも千波湖は残っていますが、大正期の干拓事業と戦後の食糧難…

織部焼きの茶碗を買った話

よく嫁と一緒に調布に行きます。ときどき調布駅前でフリーマーケットをやっているんですよね。なんか掘り出し物がないかなぁとブラブラみていたところ、茶碗を並べているおばちゃんがいました。 そのおばちゃんは茶道をしていたわけではなくて、器が好きでお…

戦国時代から現代に続く名家・仙石氏

仙石氏といえば仙石秀久が主人公の「センゴク」。 センゴク一統記(1) (ヤンマガKCスペシャル)作者: 宮下英樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/05メディア: コミック購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (8件) を見る 仙石氏は元々土岐氏の家…

戦国時代から現代に続く名家まとめ

戦国時代から活躍していた大名や旗本公家が幕末期を経て、明治政府下では華族となって血脈が続きました。 あ 岡部氏 さ 仙石氏 ま 毛利氏

戦国時代から現代に続く名家・毛利氏

毛利氏といえば毛利元就とその子供たちの毛利隆元(と孫の毛利輝元)・小早川隆景・吉川元春による「毛利両川」の時代に最も版図を広げ中国の覇者となりました。 NHKその時歴史が動いた傑作DVDマガジン戦国時代編 Vol.10 毛利元就・輝元 (講談社 MOOK)作者: 講…

天正菱大判を所蔵している博物館を調べてみた

スイスのチューリヒで天正菱大判がオークションにかけられることがニュースになっていました。 秀吉の命で製造された天正菱大判、チューリヒのオークションに - SWI swissinfo.chwww.swissinfo.ch 天正菱大判を説明する前に、まずは「天正」の説明から。 天…

喜多見城(喜多見陣屋跡、慶元寺) - 日本にある城郭・城址

喜多見城(きたみじょう)は、東京都世田谷区喜多見にあった城址です。都市開発と共に現在では遺構は失われており、慶元寺にその一角が見られます。 喜多見城(喜多見陣屋)は、元禄2年(1689年)2月に改易によりお家取りつぶしにより消滅してしまいますが、現在の…

日本に存在している城郭・城址のまとめ

日本にある城郭・城址をまとめています。 現存十二天守 現存十二天守については「お城の「天守閣」の復元天守、復興天守、模擬天守の違いとは - 酢ろぐ!」でも解説しています。 名前 築城者 所在地 弘前城 津軽為信 青森県弘前市 松本城 石川数正 長野県松…

戦国大名・戦国武将が愛した名物一覧

戦国武将は配下に報賞を約束し領土拡大に勤しんだ。しかし、与えられる土地には限界があったため、たびたび土地以外のものを与えた。偏偉(へんき)と言って自分の名前から1文字を家臣に与えたり、自らの子女を養子にしたり、茶器や刀剣などの名物を与えた。 …

国際だるやなぎ会議 2014が岡山で開催されるらしいので岡山城について書いてみた

国際だるやなぎ会議 2014が10月18日に開催されるようです。フリーコンテンツである「だるやなぎ」を使ってチャリンチャリンビジネスを……とかネタだと思ってしまいがちな世の中に鉄槌を下すべく、岡山で国際会議が開催されます。知らんけど。 まぁ、そんなフ…

お城の「天守閣」の復元天守、復興天守、模擬天守の違いとは

城と言えば「天守」「天守閣」ですね。下図は大阪城の復興天守です(どどーん!) 本記事ではその「天守」の種類について紹介したいと思います。 天守とは 城と言えば「天守」はその象徴的存在です。縄張りや虎口を意識していなかった頃は、天守の存在しない城…

松山城と道後温泉の昔の写真の場所が現在どうなっているか調べてみた - 新旧写真比べ

「レンズが撮らえた幕末明治日本の風景」は、幕末から明治期にかけての日本の風景写真が掲載されています。北は北海道、南は鹿児島、沖縄と網羅されており、当時の雰囲気を知るのに良い本です。 レンズが撮らえた幕末明治日本の風景作者: 小沢健志,山本光正…

超高速!参勤交代 をみてきました

「超高速!参勤交代」を観てきました。アニメを除けば、邦画を映画館でみるのなんて何十年振りだろうか。最後に観たのは「ゴジラvsビオランテ」だったと思う。 「超高速!参勤交代」は、ポスターやCMでも書かれているように5日以内に湯長谷(福島県いわき市)…

徳川家康は幼少期に誘拐されていなかった……という仮説の元となる史料が発見されたようです

「宇都宮〜日光に行ってきました(4) - 日光東照宮 - 酢ろぐ!」では、日光東照宮=徳川家康について少し触れました。その徳川家康が幼少期に信長の父によって誘拐されていなかった、という仮説の元となる史料が発見されたそうです。 まずは通説の説明から入…

宇都宮〜日光に行ってきました(4) - 日光東照宮

(前回までの話)宇都宮〜日光に行ってきました(3) - 宇都宮餃子の由来と餃子を食べてきた話 - 酢ろぐ! 餃子を食べてお腹いっぱいになったので前日はすぐに寝ました。宇都宮から日光まで今回は有料道路を使ったのであっと言う間に到着しました。 神橋 日光街…

愛媛・松山に行ってきました(5) - 湯築城趾(道後公園)と道後温泉2回目

(前回までの酢酸)松山での最終日。最終日は温泉に入ってとんかつパフェを頼んで帰ります。 in 大街道 がりっちと野村氏が松山城ふもとの駅まで送り届けました。食べ歩きのできるじゃこ天を食べました。 これで160円。 お昼に五志喜の鯛めしを食べました。 こ…

愛媛・松山に行ってきました(2) - 伊予松山城

(前回までの酢酸)ホテルのチェックインに失敗した僕はMacBook Proとお土産を抱えたまま松山城に登山する事を強いられていた。 in 大街道(おおかいどう) だいかいどうではないです。現地の人に「は?」って顔をされます。気をつけましょう。 大街道の商店街か…

唐物茄子茶入 富士茄子

富士茄子(ふじなすび)は、茶入。 前田育徳会蔵。 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 所在地公益財団法人 前田育徳会 伝来 東国公方 (今川家?) 串間和泉守 三宅藤九郎 半井長元 裕乗坊 織田信長 曲直瀬雖知苦斎正盛道三(=>Wikipedia) (至柏) 豊…

唐物文琳茶入 博多文琳

博多文琳(はかたぶんりん)は、茶入。 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 所在地福岡市美術館 住所福岡県福岡市中央区大濠公園1−6 電話番号092-714-6051 ウェブサイトfukuoka-art-museum.jp 地図 大きな地図で見る 伝来 神屋寿偵(かみやじゅて…

唐物茄子茶入 つくも茄子

つくも茄子(つくもなすび)は、茶入。 静嘉堂文庫美術館蔵。 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 項 詳細 所在地 公益財団法人静嘉堂文庫 静嘉堂文庫美術館 住所 東京都世田谷区岡本2丁目23−1 電話番号 03-3700-0007 ウェブサイト http://www.…

唐物茄子茶入 紹鷗茄子(澪標茄子)

紹鷗茄子(じょうおうなす)・澪標茄子(みおつくしなす)は、茶入。湯木美術館蔵。 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 所在地湯木美術館 住所大阪府大阪市中央区平野町3丁目3−9 電話番号06-6203-0188 ウェブサイトyuki-museum.or.jp 地図 大きな…

唐物茄子茶入 紹鷗茄子(松本茄子)

紹鷗茄子(じょうおうなす)は、茶入。 静嘉堂文庫美術館蔵。 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 項 詳細 所在地 公益財団法人静嘉堂文庫 静嘉堂文庫美術館 住所 東京都世田谷区岡本2丁目23−1 電話番号 03-3700-0007 ウェブサイト http://www.…

唐物尻膨茶入 利休尻膨

利休尻膨(りきゅうしりぶくら)は、千利休が茶会にて用いたとされる茶入。 永青文庫蔵。 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 所在地公益財団法人 永青文庫 住所東京都文京区目白台1丁目1−1 電話番号03-3941-0850 ウェブサイトeiseibunko.com 大…

赤樂茶碗 銘 早船

早船(はやふね)は茶碗で、長次郎の作。利休七種茶碗のひとつ。 畠山記念館蔵。 外見 項 詳細 高さ 80mm 胴 -mm 口 113mm 底(高台径) 47mm 重量 -g 所在 項 詳細 所在地 公益財団法人畠山記念館 住所 東京都港区白金台2丁目20−12 電話番号 03-3447-5787 …

本手利休斗々屋茶碗

本手利休斗々屋茶碗(ほんてりきゅうととやちゃわん)は、茶碗。 藤田美術館蔵。 外見 高さ67mm 胴-mm 口145mm 底(高台径)61mm 重量-g 所在地 所在地藤田美術館 住所大阪府大阪市都島区網島町10−32 電話番号06-6351-0582 ウェブサイトfujita-museum.or.jp …

黒樂茶碗 万代屋黒

万代屋黒(もずやくろ)は、茶碗。 樂美術館蔵。 外見 高さ80mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 所在地樂美術館 住所京都府京都市上京区油小路一条下る油橋詰町84 電話番号075-414-0304 ウェブサイトraku-yaki.or.jp 大きな地図で見る 伝来 逸話 参考 関連…

唐物茶壺 松花

松花(しょうか)は、大名物。北野大茶湯でも用いられた。財団法人 徳川記念財団蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました。 外見 高さ397mm 胴105.1mm 口116mm 底124mm ~ 127mm 重量-g 所在地 項 詳細 所在地 公益財団法人徳川黎明会 徳川美術館 住所 愛知…

唐草文染付茶碗 荒木高麗

荒木高麗(あらきごうらい)は、大名物。徳川博物館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました 外見 高さ-mm 胴-mm 口-mm 底-mm 重量-g 所在地 項 詳細 所在地 公益財団法人徳川黎明会 徳川美術館 住所 愛知県名古屋市東区徳川町1017 電話番号 052-935-62…

竹茶杓 泪

竹茶杓 泪(なみだ)は、天正19年2月に千利休が切腹させられる最期の茶会で用いて、のちに古田織部に与えた竹茶杓。徳川美術館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました。 外見 所在地 項 詳細 所在地 公益財団法人徳川黎明会 徳川美術館 住所 愛知県名古屋…

唐物肩衝茶入 種村

野村美術館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました。 外見 高さ65mm 胴60mm 口30mm 底26mm 重量54g 所在地 伝来 逸話 参考 関連記事 戦国大名・戦国武将が愛した名物一覧 - 酢ろぐ!

唐物瓢箪茶入 上杉瓢箪

茶器のひとつ。大名物のひとつ。 臼杵瓢箪(うすきのひょうたん)と呼ばれており、のちに所有する時々の戦国武将の名前がつき、大内瓢箪・大友瓢箪と呼ばれていたが、豊臣秀吉から上杉景勝へ聚楽第にて下賜されて以降は上杉瓢箪と呼ばれる。 野村美術館蔵。 写…

唐物肩衝茶入 勢高肩衝

勢高肩衝(せいたかかたつき)は、古来より「大名物」として知られる茶器のひとつ。本能寺の変前に本能寺に持ち込まれ、後に奇跡的に見つかったとされている。頴川美術館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました 外見 高さ88mm 胴70mm 口42mm 底42mm 重量11…

唐物肩衝茶入 松屋肩衝

松屋肩衝(まつやかたつき)は、古来より「大名物」として知られる茶器のひとつ。根津美術館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました。 外見 高さ77mm 胴85m 口43mm 底43mm 重量116.6g 所在地 項 詳細 所在地 財団法人 根津美術館 住所 東京都港区南青山6…

唐物肩衝茶入 北野

北野(きたの)は、古来より「大名物」として知られる茶器のひとつ。別名を烏丸肩衝とも呼ばれる。三井記念美術館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました。 外見 項目 計測値 高さ 89mm 胴 74mm 口 43mm 底 42mm 重量 129.0g 所在 所在地三井記念美術館 住…

唐物肩衝茶入 油屋肩衝

油屋肩衝(あぶらやかたつき)は、古来より「大名物」として知られる茶器のひとつ。畠山記念館 蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました。 外見 高さ83mm 胴80mm 口39mm 底44mm 重量117 所在 項 詳細 所在地 公益財団法人畠山記念館 住所 東京都港区白金台…

唐物肩衝茶入 楢柴

楢柴(ならしば)は、新田肩衝・初花肩衝と並んで天下三肩衝と呼ばれた茶器の1つ。 明暦3年(1657年)の明暦の大火の際に消失したが、博多の豪商「神屋宗湛」の著作「宗湛日記」にて釉柄が伝わる。 写真はこちらより引用させて頂きました。 写真はこちらより引用…

唐物肩衝茶入 新田

新田(にった)は、楢柴肩衝・初花肩衝と並んで天下三肩衝と呼ばれた茶器のひとつ。財団法人 水府明徳会 彰考館徳川博物館蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました 外見 高さ85mm 胴79mm 口45mm 底48mm 重量120.0g 所在地 所在地徳川ミュージアム 住所茨城…

唐物肩衝茶入 初花

初花(はつはな)は、楢柴肩衝・新田肩衝と並んで天下三肩衝と呼ばれた茶器の1つ。財団法人 徳川記念財団蔵。 写真はこちらより引用させて頂きました 外見 高さ84mm 胴80mm 口46mm 底47mm 重量139.9g 所在地 所在地財団法人 徳川記念財団 住所東京都渋谷区上原…

深大寺ゆかりの武将:難波田広宗(なんばだ ひろむね)

難波田 広宗(なんばだ ひろむね?)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。 生涯 扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎけ)家臣である太田道灌(おおた どうかん)が1457年(長禄元年)に江戸城を築城したが、1524年(大永4年)には扇谷上杉氏を破った後北…

千歳烏山ゆかりの武将:高橋氏高(たかはし うじたか)

千歳烏山に縁深い武将に高橋氏高(たかはし うじたか)がいる。 高橋氏高は、高橋高種(たかはし たかたね)の次男。高橋氏種(うじたね)とも呼ばれていたようだ*1。 氏高の兄、そして高橋高種の長男の高橋綱種は屈指の勇将であったことと、大永4年(1524年)の江戸…

岸和田城 - 日本にある城郭・城址

岸和田城(きしわだじょう)は、大阪府岸和田市岸城町9-1にある城(2007年4月6日撮影)。 再訪した際に撮影(2015年8月15日撮影)。夏で木が生い茂っていて天守が見えなくなっています。 「岸和田」の由来 南北朝時代の武将、和田高家(にぎた たかいえ)*1が、「岸…